スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/14 JPN-GS鯖様 Magny-Cours GP,2004


先日日曜日の昼下がり。地元では有名な富士霊園という巨大墓地に行ってきた。目的はもちろん墓参り。厳かに故人をしのんできた訳ですが突然・・・

「クオォォォォ~~~~ン」「クオオォォォォ~~~~ン」

静寂をかき消す巨大なエキゾーストノートがこだまする。そう、ここは目と鼻の先に富士スピードウェイがあるんですよね。後で調べたらスーパーGT第7戦の決勝日でした。
・・・墓参りに来たワタシをみなぎらせてどうする(苦笑。



さて、GS鯖様の第8戦、マニクール。今回はRainfall 60%という雨設定。その意味するところは60%の確率で雨が降るという事ではなくて、「ドシャ降りを100%とした場合、その6割の降水量で常時降る」ということでいいっぽい?

雨・・・、苦手ですorz。ってか、Custom Championshipの進捗状況をご覧頂ければわかりますが、今まで雨のレースは極力スルーしてきた。いつか勉強しなきゃとは思ってたけど、もう少し後にしようと先送りしてきた。つまり修行不足デスorz。。。

ここは鯖管さまが雨修行に取り組むいい機会を与えて下さったと考え、前向きに望んでみようと思いマス。



まずはマシン選択。今までで一番悩んだ。最初雨で不安定になるからこそM3の安定感が光るのではと思ったが、ちょっと走らせてみたらワタシの力量ではどうもそのパワーを持て余してしまう。1速はもちろん2速でも加速時にテールスライドさせてしまう。繊細なアクセルワークが必要。(単に雨に慣れてないだけかもだけど。)

RSRはどうかというと、リアヘビーでリアタイヤに加重が乗るからか、立ち上がりで意外と踏める。元々加速に優れたマシンだしStop&Goなサーキットだし一番有利かもしれない。しかしこちらもワタシの力量では車体の制御が難しそう。ケツを振ってコースアウトする姿が目に浮かぶ。

そんな訳で今回はフェラーリのGTCを選択してみた。
239.jpg
乗る人が乗れば速いGTCですが、ワタシはまだこのマシンの性能を全部引き出せてない。でもそれがかえって雨レースとなるとちょうどいい具合かもしれない(笑。見た目車幅が広く重心も低そう。なおかつMRで重量がセンターに集まってるのも雨では優位に働きそうだしね。(あくまでイメージですけどw)



今回のレースでは人様との競争がどうこうよりも自分との戦い。いかにコースアウトを減らせるかってのが課題。エンナと同じで神経をすり減らす作業になると思う。集中力のキャパが少ないので、本戦で使う集中力を残しとくべくプラ・予選での本気走りは短い時間で済ませたい(笑。

がっ! 予選の際、オフラインでは46秒台が出ていたにもかかわらず48秒台止まりが続いて下位に沈むorz。かなり集中力を使ってどんなに必死で走ってもタイムが上がらない・・・。予選も残り10分という時間、原因にやっと気付いた。

     HARD WETタイヤで走ってた・・・orz。

あわててSOFT WETに履き替えて必死でアタックするも、あせって細かいミスを誘発し、結局ベストタイムは1:47.679、集中力を沢山使い果たした上で11位デシタ(苦笑。



まあ、これで上位を走る緊張は無くなるし、マイペースに専念しようと気持ちを切り替え、いざスタート。
240.jpg
SOFT WETはワタシの場合2周しか持たないので本戦はHARD WET。いきなりスピンはイヤなので、低い回転からタイヤをグリップさせ加速。



1コーナーを無事通過。
241.jpg



2コーナーも無事通過。もっと踏めば前に割って入る余力も少しあったけど無理シナイ。
242.jpg



ストレート後のアデレードヘアピン。ここも無理せずいつもより50m手前からブレーキかけて、無理に突っ込マナイ。
243.jpg



無事オープニングラップを走りきる。順位は8位に上がってたけどキニシナイ。
244.jpg
こんな感じでマイペースを貫きつつ、なんとか大きなミスをせずに周回していく。



しかし5位でむかえた3周目の2コーナー、きれいにレコードラインが描けず立ち上がりスピードが鈍ったところを、RSRの方に見事にオーバーテイクされた。
245.jpg
いつの間にか後ろに付かれ、スパッと抜かれた感じ。いやーすごかったな。しかしあまりの切れ味でダメージは少なく、気持ちを切り替え再びマイペースモードに。



ところが、今度は4周目あたりから、バックミラーにM3の影がちらつくようになる。
246.jpg



5周目、じわりじわりと大きくなるその姿。気にせずにはイラレナイ。
247.jpg



最終コーナー、完全にロックオンされる。
248.jpg
ワタシはこの最終コーナーが苦手で、踏みすぎると間違いなくスピンアウトさせてしまうので慎重にならざるを得ない。



脱出速度が鈍り、いよいよ捕まった。
249.jpg



ワタシの力量ではこの雨でサイドバイサイドは無理。1コーナーでは素直に引く。
250.jpg



が、M3の方はオーバースピードだったようでサンドトラップに。
251.jpg
これで6位復帰。プレッシャーからも開放されホッと一息。



ところが!



そこからほぼ1周走り4位にあがったところで再びロックオン! プレッシャーはんぱないっす(汗。
252.jpg
しかしこの時は、半周ほど走ったあたりでコースアウトされたようで、再びホッと一息。後で調べてみたら8秒遅れの8位まで後退されていた。



ところがところが!



4位のまま大きなミス無く走った10周目、三たびロックオン! ターミネーターかと思いました(笑。
253.jpg
ここからはもうずっとテールトゥーノーズ。背後からの強烈なプレッシャーを浴びながら走行を続ける。そして、最終ラップももう後半に突入した場面、予選からすり減らしてきた集中力もぼちぼちガス欠になってきたみたいで、



サンドトラップに片輪を突っ込んでしまう。
254.jpg



M3の方の退路を断つ最悪のスピン。申し訳ありませんでしたorz。
255.jpg



ワタシが走行の邪魔をした方なので、当然M3の方に先にレースに復帰してもらおうとスロー走行してたんですが、M3の方はM3の方で気を使ってくださったのか、しばらくお見合い状態に。
256.jpg
そんなこんなしてたら後続の方に抜かれてしまった。自分が順位を落とすのはいいんだけど、M3の方の順位を落としてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいに。



そしておまけに復帰した直後、その失意からブレーキもおろそかになり今度は追突してしまうorz。
257.jpg
もう最悪です。重ね重ね申し訳ありませんorz。



結局7位でチェッカー。レインレースは勉強になったしバトルも楽しかったんですが、最後のミスはいただけません。M3の方にはほんと申し訳なかったです。精進しますorz。

コメントの投稿

非公開コメント

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。