スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shanghai International Circuit

F1第3戦中国GPの舞台、上海国際サーキットを走ってみようと思ってNoGripを調べたんだけど、最初“Shanghai”で調べても“China”で調べても見つからず焦る・・・。しかし探したらありましたありました。“Jiading”って名前でorz。ジャーディンって読むらしいが、なんでもサーキットがあるのは上海市嘉定区って場所で、Jiadingってのはその嘉定区って地名の英語表記みたい・・・。そんな洋ゲーならではのプチハードルを越えつつダウンロード、このサーキットを走ってみた。
121.jpg
(※DLデータにコース図が無かったのでF1オフィシャルサイトより拝借。)


漢字の“上”って字を模したという冗談のようなレイアウト。しかし2本のストレートがある所や、低速から高速まで満遍なくコーナーがある所はセパンにソックリ。ストレートエンドにいやらしい低速S字がある所も同じ。走ってみて感じる印象もどこか似てる。

調べてる途中で目にしたが、やはりデザイナーは同じ人だった。ヘルマン・ティルケって人。何でも近代F1サーキットのほとんどはこの人が設計してるらしい。まあこの人の作るコースは楽しいには楽しいが、古いサーキットを走った時に感じる様な熱さはスポイルされちゃってるんだよね。バーニー・エクレストンの娘婿って事で政治的なキナ臭さも感じるし、個性的なサーキットが減って似たようなサーキットが増えるってのもいやだなあ。





※追記
F1の“リアディフューザー問題”は合法との裁定が下されましたね。トヨタ今年はチャンスだなあ。中嶋一貴もチャンスだけど、こっちはあまり期待せず応援しよう(笑。

コメントの投稿

非公開コメント

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。