スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hockenheim GP,2004

103.jpg
ホッケンハイム。ニュルブルクリンクと並びドイツを代表するサーキット。昔のF1を知る身としては、ポール・リカール、シルバーストーン、ホッケンハイムという高速3連戦が非常にエキサイティングだった事を思い起こすが、今は改装されてしまって大きく様変わりしてしまったらしい。

レイアウトとしては前半が高速セクション、後半が比較的低速セクションとなってる。前半の左に緩やかに弧を描いてるストレートは結構長く、6速エンドまで吹け切る。そこからフルブレーキしての右のヘアピンは半径が小さく1速まで落とす。一番の抜きどころだろうなあ。そしてヘアピンの次の右コーナーは、進入さえ決まれば全開で抜けられるコーナー。ただ、コンマ数秒のずれで大きく侵入コースが変わるので難しい。その後の低速セクションでは足回りのセッティングで大きくタイムを左右されそうだ。全体としては、加速、減速、空力、足まわりと、すべての面で高次元なバランスを要求してくるサーキット。



車はフェラーリ550 マラネロ
104.jpg
GTクラスマシンも今まで何台か乗ってきたが、今までは比較的高速サーキットばかりだったので、低速セクションで扱うのは初めてと言っていい。ここホッケンハイムの後半ではやはりその暴力的なパワーにてこずった。低速コーナーの立上りで、1速はもちろん、2速にシフトUPした後でもパワーオーバーで吹っ飛んじゃうほど。この辺はエストリルでの経験を生かしてパワーオーバーを減らす方向のセッティングに修正。ただ、車の挙動としてはどちらかと言うと乗りやすい方。あとはあまりセットをいじらず、ひたすら走りこみをして、ライン取りとアクセルワークをひたすら練習した。



とりあえずマシンを外へふっ飛ばさずに走れるようになった頃、試しに卒業試験を受けたらゴールドでクリア。

今までで一番AIをちぎれてるけど、自己採点は70点くらい。ここのAIは過去最弱だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。