スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monza GP,2004

086.jpg
モンツァ。言わずと知れた有名なサーキットですね。F1開催当初からイタリアGPの舞台であり、フェラーリの聖地なサーキットであり、超高速なサーキット。3つのシケインと2つの複合コーナー以外はすべてストレートです。

シケインみたいな低速コーナーでは空力によるダウンフォースの恩恵は少ないので、ここでは空気抵抗を極力減らす方向でセッティングをします。

GTR2での空力セッティングというと、リアウイングの角度(1~10)、スプリッターの数(1か2)、フロントの車高、リアの車高などが調整可能です。スプリッターはフロントにダウンフォースを与えます。車を曲げるという作業においてフロントのグリップは非常に重要なので、たいがいのサーキットではスプリッターを2枚とし、それを軸としながらセッティングを煮詰めていきます。ワタシの場合、例えばスパなどではスプリッターを2枚、リアウイングの角度を6の、2-6あたりがイイ感じでした。

しかしここモンツァは、スプリッターの数を1枚としてアプローチするのが定石な数少ないサーキットのようです。そんな訳で1-2あたりにして走ってみた。



スクールで乗らなきゃならないマシンはムシェラゴ。
087.jpg
やべえまだろくに乗ってないGTクラスマシンだ。



乗りこなせるかシンパイでしたが、まあここはテクニカルなサーキットという訳ではないので思ったよりはすんなり入れたかな。スピードが乗るのでブレーキポイントの把握には手間取りましたが、あとはストレートがメインだしね。

難しいのが、アスカリシケインがあるセクション。モンツァを拳銃に例えるなら引き金に相当する部分です。3つあるシケインのうち、ここだけは中速シケインになってる。そりゃあ速度を落とせば落とすほど楽に抜けられる訳ですが、タイムを出す走りをするにはスピードをある程度残し、ここっきゃ無いというラインをきっちりトレースしなきゃならない。羽根を寝かせてるのでグリップも心許なく、納得いくコーナリングはまだまだ出来てない。F1でもたびたびここでドラマが起きてるようですね。



結局このアスカリセクションだけはAIより速く走る事が出来ず差を詰められてますが、何とかゴールドで卒業。ん~いつかじっくり攻略したいな。


コメントの投稿

非公開コメント

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。