スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Magny-Cours GP,2004

084.jpg
昨年まで18年間に渡りF1フランスGPの舞台となってきたマニ・クールですが、今年のF1カレンダーからはフランスGPの文字が消えてしまったそうだ。

03月29日 オーストラリア
04月05日 マレーシア
04月19日 中国
04月26日 バーレーン
05月10日 スペイン
05月24日 モナコ
06月07日 トルコ
06月21日 イギリス
07月12日 ドイツ
07月26日 ハンガリー
08月23日 ヨーロッパ(ヴァレンシア)
08月30日 ベルギー
09月13日 イタリア
09月27日 シンガポール
10月04日 日本
10月18日 ブラジル
11月01日 アブダビ

最近はあまり詳しくチェックしてなかったんだけど、ずいぶんと様変わりしたんですねえ。フランス、アメリカ、カナダが無くて、アジアや中東が増えてる。世相を反映してるのかなあ。



さてと本題に戻りマニ・クール攻略。このサーキットは、いくつかの高速セクションが低速コーナーやシケインで結ばれてる、いわゆるStop&Goなサーキット。

長いストレートの後のアデレード・ヘアピンが一番の抜きどころ。オー・ルージュほどじゃないけど有名なコーナーですね。最高速からフルブレーキして、ヘアピンのクリップにピタッっと付けるのは中々難しい。

そして他にも特徴的なのが、ニュルブルクリンク・シケイン、イモラ・シケインという2つの高速シケイン。時速200km前後の速度で右へ左へとツイストしながら抜けていきます。ラインや速度を間違えようものなら、あっという間にサンドトラップまで吹っ飛んでしまいます。スリルがあって一番楽しいセクションですね。



そしてスクールで使うマシンはコレ
085.jpg
Chevrolet Corvette C5-R

G2クラスながら、性能はGTクラスにほぼ匹敵するらしい。低速コーナーからの立上りではリアが暴れる暴れる。よりきめ細かいアクセルワークが必要。ただ、高速セクションでは、先日乗ったポルシェとは正反対な挙動を示す。思いっきりアンダーな傾向。多少ステアリングをラフに扱っても回らない。安定してる。逆に言えば中々曲がらない。まあこういったStop&Goなサーキットでは相性良いのかな。もしかしてスクールで使用するマシンはその辺の事を考慮されて決めてるのかな?



んで走り出した訳ですが、先日のアンダーストープやバルセロナに比べて攻略に時間かかっちまった。特に高速セクションでレコードラインを見出すのが難しかった。低速のヘアピンコーナーなんかは、ブレーキポイントもクリッピングポイントも当然すぐ解るんだけど、進入スピードや進入角度ですべてが決まってしまうような高速セクションが多かったので、それを掴むのに手間取った。

んで何とかゴールドで卒業。


コメントの投稿

非公開コメント

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。