スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/29 JPN-MYS鯖様 Monza GP,2004


昨夜はせまり来る睡魔に何とか勝利(苦笑。久々にMYS鯖さんに参加させて頂きました。
1226.jpg
設定はG2+G3+NGT(C5Rを除く)でのモンツァ。ひと月くらい前にFreshman鯖さんで走ってるので、今回もビツルボ君を選択、前回のタイムテーブルを上回る事をテーマにしてみる。

一番のポイントはやっぱシケインの抜け方ですかね。ショートカット判定にならない範囲で極力スピードを殺さない抜け方を試してみる。第1シケイン、第2シケイン、共に1速で抜けてたんですが、今回第2は2速を試してみた。この方がタイムは良くなるかな? 微妙ですが前回の予選タイムをコンマ2ほど上回る1:48.105が出て5位でした。

今回は猛者の方々が比較的高性能なマシンに乗られてた。P.P.の方はナント46秒台後半と、今のワタシにはとてもイメージ出来ないタイム@@; RSRはモンツァでは不利だと思うんだけどな・・・。そして、2位、3位の方々も47秒台と速い速い。速さの秘密は何だろう。予選はリプが残らないのが残念だな。予選休んで観戦してた方が勉強になったかも^^;



ローリングスタートは幸いタイミングが合って、いざスタート。
1227.jpg



クラッシュ率の高いスタート直後の第1シケインも予選順位通りで無事クリア。
1228.jpg



2周目、前方は宇宙人な方々4人が激しくバトル。
1229.jpg



後方からはターミネーターが背後に忍び寄る@@; 前夜はnidoneruぴょんだったのに!
1230.jpg



前門の宇宙人、後門のターミネーターと、壮大なスペクタクルの予感が漂う展開(笑。宇宙戦争が勃発すれば漁夫の利を得られるかもしれないし、ターミネーターの攻撃はマシンの優位で凌げるかもしれない。この緊張感MAXな状況を楽しんでおりました。
1231.jpg



がっ!



3周目、何やら前方にスモークが! えーなになに? 状況を飲み込む前に一瞬でスモークが晴れて、
1232.jpg



Ahhhhhhhh!!!
1233.jpg



エンジンとサスが逝っちゃってオシマイでした^^; 
1234.jpg
しかしもっと上手く立ち回ってたら回避できてたなー。次ガンバロー。



カテゴリ:G2+G3+NGT(C5Rを除く)
使用マシン:Porsche 911 Biturbo
周回数:12Laps
参加台数:23台
予選:5位(1:48.105)
レース:20位(3周目クラッシュリタイア)
ファステスト:6位(1:49.504)


スポンサーサイト

4/28 OAS-B鯖様 Fuji Speedway


1週間ぶりと、久々のマルチです。その間、Freshman鯖さんが休みだったので他の鯖さんにお邪魔しようとしたんですが、予選時間に間に合わなかったり睡魔に勝てなかったりで参加出来ませんでしたorz。さて、OAS-B鯖さんの第26戦は、













wwwwwwwww
1214.jpg
あの設定再びでした^^;
2009年GTR2ブロガー・オブ・ザ・イヤーに輝いたnidoneruぴょんの記事はコチラ



このMODは難しいのでイッパイ練習したかったんだけど、帰宅が22時頃になってしまい、ぶっつけ本番でJOIN。前回のVaraでは表彰台を頂いてるので、一度は攻略してるはずなんだけど、どうにも走らせ方を思い出せないまま時間が過ぎるorz。結局プラ、予選では間に合わず、下位スタートねらいの方以外では最下位でした(苦笑。



今回のレースは2ヒート制でした。ヒート1はダイジェストで。



周りが大きいダンプばっかりでコワイヨー
1215.jpg



Edbergぴょんをモロに掘っちゃってゴメンヨー
1216.jpg



オニチク様に轢かれるよーコワイヨー
1217.jpg



ジャックナイフしちゃったヨー
1218.jpg



nidoneruぴょんがまた真っ逆さまになっててコワイヨー
1219.jpg



オニチク様が片輪で襲ってきたよーコワイヨー
1220.jpg



って感じで予選と同じ12位フィニッシュでした^^;



ヒート2のオープニングラップは動画で。グリッドは9番手から。ログイン順かな?


0:10 後方ではPさんとNekoppoさんが派手にクラッシュ@@;

0:45 どうやらミニダンプはコーナリング性能が大ダンプより優れているようで、ポジションを上げます。

1:18 赤いミニダンプ、TMJさんが豪快に轢かれる@@;

1:42 ラインをミスって強引にMinamiさんとnidoneruさんの間をすり抜けましたスイマセン。



そんなこんなでオープニングラップを4位で通過。大ダンプはコーナリング性能で劣っている代わりに直線スピードが速いようですね。やっとこ慣れてきた事もあり、コーナーで抜いて直線で抜き返されるという、めまぐるしく順位の入れ替わるレースを楽しませてもらいました。
1221.jpg
1222.jpg



いっときMinamiさんの横っ腹に追突してしまい、危うく横転させるところでしたスイマセンスイマセン。
1223.jpg
1224.jpg



結局7位チェッカー。
1225.jpg
いやー、もっとカオスになるかなと思ってましたが、ヒート2なんて特に普通にバトルしてる感じでしたね。皆さんオニチク様のシゴキに慣れてきたのかもしれません^^;



カテゴリ:Caterpillar 797B
使用マシン:Caterpillar 797B Mini
周回数:4+4Laps
参加台数:15台
予選:12位(2:14.563)
レース(ヒート1):12位
レース(ヒート2):7位
ファステスト(ヒート1):13位(2:12.878)
ファステスト(ヒート2):8位(2:05.603)


4/21 JPN-Freshman鯖様 Fuji Speedway


Freshman鯖さんのSeat Leon Supercopa Cup、第2戦は富士で行われました。
1198.jpg
Savannaさんもおっしゃってますが、このマシンはレースカーでは珍しいFF駆動である為、どうセッティングしたらいいものかが難しい。特にサス、スタビなどの足回り。デフォのセッティングを見ると、リア駆動車のそれとは違い、リアの方が硬めになってる。今までに覚えたノウハウは通じない部分が多いので、手探り状態でいじくってます。幸い今シーズンのワンメイクはこのマシンで固定されるとのことなので、じっくりゆっくり考えていこうと思います。

さて、富士に臨むにあたってのセッティングですが、ストレートが長いのでそれを生かすべく、ウイングは1-1、トーイン・トーアウトは少なめ、キャンバー角も少なめにしてみた。(正しいかどうかは保障できません^^;) 空気圧は最低の160kPa。これでもタイヤが膨らみすぎるようで、中央の温度が一番高くなっちゃうんですよね。んで、いつものようにレブはMAX、低速コーナーに1速を合わせ、トップエンドに6速を合わせた。サス、スタビ、デフはとりあえずデフォのままで行くことに。



んで予選。ホントたまたま、すべてが上手くいったラップがあり、オフ練でも出なかった46秒台前半が出て3位でした。ただ、直後の5人までが約0.4秒以内で付けており、非常に僅差。ガンガンに煽られそうな予感に包まれながらレースに臨みます^^;



タイヤは悩みましたが、前輪はソフトだと持ちそうもない気がしてミディアムに変更。いざスタート。
1199.jpg



1コーナーからコカコーラコーナー手前までmutsu-18さんとサイドバイサイド。
1200.jpg



コカコーラを抜けたところでIN側の有利で前に出ますが、レコードラインを通れず失速気味だったところを、
1201.jpg



Arenaさんに突かれる。サスガ抜け目無い@@;
1202.jpg



これで一旦ワタシの周りの展開が落ち着き、『後方からおらを襲ってくるのは誰だー!?』とXDの順位表示に目をやったら、Nekoppoさん、SYORIさんの順でした。
1203.jpg



『えええ? SYORIさん!?』



ビビりましたビビりました^^; なんせSYORIさんは後方からのスタートだったはず。リプで拝見させて頂きましたが、半分も周回してない間に10台も抜いていらっしゃったんですね@@;



気を取り直してArenaさんとのバトルに集中。ストレートでスリップに入ることに成功。
1204.jpg



1コーナーで勝負しますが抜くには至らず。
1205.jpg



しかし後半のセクションでコースアウトされ、2位浮上。ところが、
1206.jpg



次の1コーナーで膨らんでしまい、Nekoppoさんに差される。はかない2位でした(笑。
1207.jpg



そして、その次の周の1コーナーでも膨らんでしまい、SYORIさんにも差される。学習しなさい俺orz。
1208.jpg



続けざまに今度はDonさんがOUTから。気が抜けねー@@;
1209.jpg



IN・IN・INをコンパクトに回りすぎ、失速。mutsu-18さんにも捕まり、6位後退。
1210.jpg
いやー、皆さん猛者ですね。一瞬の隙をガブッとやられた感じでした。怒涛の4周目でした^^;



その後はSYORIさん、mutsu-18さん、Donさんの激しいバトルを観戦。
1211.jpg



7周目からはSYORIさんの走りを間近で堪能。
1212.jpg



そのまま6位チェッカー。
1213.jpg
いやー、バトルてんこ盛りで楽しかったです。課題も浮き彫りになりました。レコードラインを通れる時はいいんだけど、それを外した際のタイムロスが多すぎですね。そこを上手く突かれたポジションダウンが多かったです。相手のラインを残すのはもちろんですが、もっとロスの少ないコーナリングが必要だと痛感しました。精進シマス。



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:SEAT LEON
周回数:10Laps
参加台数:17台
予選:3位(1:46.381)
レース:6位
ファステスト:6位(1:47.378)


4/19 JPN-Freshman鯖様 Zhuhai GP,2004


昨夜のFreshman鯖さんは、ワンメイクシリーズのシーズン2、Seat Leon Supercopa Cupの開幕戦でした。
1168.jpg
R2をやってない人には馴染みの薄いハナシですが、セアトというのは自動車メーカー名です。フィアットなどの出資によりスペインに立ち上げられたメーカーですが、現在ではフォルクスワーゲングループに完全子会社化されてるようです。R2にデフォで収録されてるマシンはトレド。んで、今回ワンメイクに採用されたマシンはレオン。このレオンというマシン、WTCC(世界ツーリングカー選手権)で2008年と2009年の2年連続チャンピオンを獲得してるようですね。駆動方式はFFです。総合的な性能はデフォのG3クラスと同じくらいでしょうか。シーズン2では、使用マシンをこのレオンに固定して行われるそうです。



予選は1:42.527で4位。前回同様2位から0.5秒差以内ではありましたが、予選トップのmutsu-18さんは41秒台前半。頭一つ抜き出ておりました@@;



いざスタート。
1169.jpg



混乱の多いズーハイ1コーナー。ギリギリセーフで予選と同じ順位で通過。
1170.jpg



4コーナーであわやEdbergさんに追突しそうになるもセフセフ。ズーハイって距離看板も小さいしタイヤ痕も目立たないしブレーキポイントの把握が難しい・・・。
1171.jpg



9コーナーでもまったく同じ状況に。ただ、この時は絶対に当たるタイミングだったので、
1172.jpg



回避ズサー。修行が足りません(苦笑。これで11位後退。
1173.jpg



コースアウトされた方などをパスして7位に浮上した4周目、約3秒前方はEdbergさんとTa2yaさんの5位争い。
1174.jpg



必死で走り、5周近くかけて追い付いた。ハァハァ。
1175.jpg



9周目1コーナー、Ta2yaさんがプチコースアウトされて6位に。
1176.jpg



Edbergさんを激しくロックオンしますが、Ta2yaさんからは激しくロックオンされるという熱い展開に。
1177.jpg
約2周に渡ってこの状況が続きましたが、



11周目、9コーナーの突っ込みで前に出る。これで5位浮上。
1178.jpg



しかしこの後がダメだった。ここまで8周近くに渡る追撃で過度に緊張していたので、

『ふぅ~~~』

って大きく一息入れちゃったですよw。そしたら緊張の糸も切れちゃったみたいで、



最終コーナーでギアをもう1速落とすのを忘れコースアウトorz。
1179.jpg



あああ、必死でゲットした5位が消えていくー。
1180.jpg



ファイナルラップは「順位返してーw」って気持ちで追いかけましたが及ばす^^; 7位チェッカーでした。
1181.jpg
いやしかしEdbergさん、Ta2yaさんとは熱いバトルが出来て楽しかったです。THXでした。



↓↓↓ ※予選タイムとファステストタイムがまったく同じという珍事を体験@@;

カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:SEAT LEON
周回数:12Laps
参加台数:14台
予選:4位(1:42.527)
レース:7位
ファステスト:3位(1:42.527)


4/18 JPN-Freshman鯖様 Barcelona GP,2003


昨夜のFreshman鯖さんはGT+C5Rでのバルセロナ。引き続きフェラーリで参戦。
1159.jpg
サリーンやマッセラッティも検討しましたが、先週リアエンジンのRSRでしょっぱいレースをしてしまったので、懐が広いフロントエンジン車に逃げました(苦笑。



予選は、ウイング2-10、タイヤS/Sで走って1:37.042の6位。オフでは36秒台も出てましたが、これでもまあ上出来タイム。2位から0.5秒差以内でしたしね。ただ、予選トップのcnさんは35秒台中盤ととんでもないタイムでした@@;



タイヤだけS/Mに変え、いざスタート。上位5台が壮観でしたね。春のモホロゲ祭りかなんかですか^^;
1160.jpg



前方のDonさんが珍しくスタートをミスされ、左から抜けようとしてシッパイし、
1161.jpg



1コーナーは13位で突入しますが、
1162.jpg



3コーナーでアクシデントがあり9位に。
1163.jpg



バックストレート手前の立ち上がりが珍しくバッチリ決まり、
1164.jpg



次のコーナーを取ることができた。そんなこんなでオープニングラップは8位通過。
1165.jpg



展開が落ち着いて、Donさん、ワタシ、DanNaさんという並びでこう着状態に。
1166.jpg



オーバーテイクするにはストレートでスリップに入りたいところですが、その手前の高速コーナーはDonさんの方が断然速かった。ここで遅いのはバルセロナでは致命的ですね。他のセクションでは中々オーバーテイクのチャンスはありません。



コースアウトされた方などをパスして6位に浮上しますが、最後までそのままの並びでチェッカー。
1167.jpg
まあ先週と違ってズサーしなかったので上出来でした^^;



カテゴリ:GT+C5R
使用マシン:Ferrari 550 Maranello
周回数:12Laps
参加台数:16台
予選:6位(1:37.042)
レース:6位
ファステスト:10位(1:38.153)


4/14 OAS-B鯖様 Lienz GP 24H


今回からOAS-B鯖さんは、Freshman鯖さんと枠を分け合いながらの水曜日開催となりました。個人的にも、4月からは月曜日と木曜日が毎回22時15分前後にならないとPCの前に座れなくなってしまい、プラクティスも満足に走れない状況となってしまっていましたので、少し早めに参加できるようになったのでよかったです。



さてその第25戦は、第12戦で使われた設定再びです。こちらも個人的に、1周も走れないままリタイアしてしまい消化不良なレースだったのでヨカッタです(笑。



さて当日。プラではnidoneruさんが楽しそうに野山を駆け巡ってましたが^^;、
1144.jpg
ワタシは前回がダメダメだったのでまじめに練習してましたスイマセンスイマセンw。



このトラックとシトロエンの組み合わせでは1周5分以上かかるので、予選は実質1アタックです。そのアタックで気合を入れましたが、「ウォールに激突」→「スピン」とかやらかしてしまい、予選6位デシタorz。



いざスタート。ここでもシグナルを見逃し出遅れる。練習した甲斐がないじゃんかorz。
1145.jpg



展開が落ち着いたところで、DonさんとTMJさんを追う7番手。後ろからはHetter-Pさん。
1146.jpg



しかし、攻略が足りなかったか、DonさんTMJさんにはじわじわ離され、逆にHetter-Pさんには詰められた。
PさんHaeeee!!!
1147.jpg



がっ!



シトロエンホイホイにハマってしまわれたようで、プレッシャーから開放される^^;
1148.jpg



オープニングラップは、クラッシュされた方々をパスし5位通過。
1149.jpg



2周目早々、軽くクラッシュなどしてしまいましたが大事には至らず、
1150.jpg



その後はゴール直前まで長~いこと順調に1人旅。ネタ的には何も起こらずショボーンとしてました。
1151.jpg



ところがっ!

ドラマは9回裏2死からやってきました^^;



停滞感漂うファイナルラップ終盤、突然nidoneruさんが空を舞うw。
1152.jpg
このダイブっぷりを、ちょうど下の道路からDonさん、Arenaさん、TMJさん、ワタシの順で目の当たりに。



ワタシは遠くからだったからか大丈夫でしたが、Donさん、Arenaさん、TMJさんは何かに取り憑かれてしまったかのごとく、



まずArenaさんが激しくクラッシュ、リタイア@@;
1153.jpg



TMJさんは何故か最終コーナーを曲がらずまっすぐ突き進む@@;
1154.jpg



そしてDonさんはゴール直前で謎のスローダウン@@;
1155.jpg



Winter Dragonの時のお返しとばかりに前に突き飛ばして先にゴールしてもらおうとしましたが、
1156.jpg



何故かブレーキ痕を残してスローダウンされた@@; そんな訳でマサカの2位チェッカー。
1157.jpg
今思えばもしかしてDonさんパンクされてタイヤがロックされてたんですかね^^; 最後まで押さなくてスイマセンスイマセン。



優勝はDanNaさん。皆さんから『Dameeeeeee!』言われてました。けしてダメな訳ではありません(笑。
1158.jpg



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:シトロエン・2CV
周回数:4Laps
参加台数:10台
予選:6位(6:05.366)
レース:2位
ファステスト:5位(5:51.479)


4/11 JPN-Freshman鯖様 Barcelona GP,2003


1136.jpg
SYORIさんが先週、さくら通信的な記事をUPされてたので便乗デス。この写真は昨日撮った、自宅から車で3分ほどの所にある運動公園の桜並木です。静岡の平野部は温暖なので桜前線の通過も早く、ご覧の通りすでに散り始めてて、葉桜一歩手前といった状況でした。週末の花見としては昨日が最終日だったかな。時おり強めの風が吹くと、辺り一面が桜吹雪となり綺麗でした。ただ、山間部についての見頃はこれからのようです。
ポカポカとした陽気の中、桜の樹の下で仰向けになっての昼寝って最高の贅沢ですよね。オッサンでスイマセンスイマセン(笑。



さて、昨夜のFreshman鯖さんはG2+G3+NGT(C5Rを除く)でのバルセロナ。RSRで参戦。
1137.jpg
乗る人が乗ればM3と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮するRSR。しかし、ワタシの場合は良くて1秒落ちくらいのタイムしか出せませんorz。バルセロナは新しい事を試すのにうってつけのトラックですし、RSRの勉強を兼ねて参戦しました。

しかしホント、R2のマシンの挙動って良く出来てますよね。特にRSRは特徴的で、リアタイヤの上にエンジンが乗っかってる感じとか、そのリアヘビーを利用して後ろから蹴るように加速する感じとか、高速域でのフロントの接地感の無さとか、かなり個性的です。ワタシの場合そういった個性を生かしきれてないんだろうなあ。



予選は、やはりM3での自己ベストから1秒落ちくらいのタイムで8位。いざスタート。
1138.jpg



そのままの順位で1コーナーを抜け、後ろはTVRのArenaさん。
1139.jpg
RSRのプロでもあらせられるので、「RSRはそう走らせるんじゃないんだよ!」と思われたかもしれません(笑。
ぜ、ぜひアドバイスを^^;



オープニングラップは何とかそのままの順位で通過しましたが、



2周目1コーナーでハーフスピンorz。その後も、
1140.jpg



こんなんだったり、
1141.jpg



こんなんだったりしました(苦笑。
1142.jpg



そして後半はタイヤの消耗が激しく、クリップに付けなかったりしてかなりペースダウン。
1143.jpg
9位チェッカーでした。



いやー、RSRってリアが限界を超えたら立て直すの難しいですよね。お尻を振らないようにリアのウイングはけっこう立てましたが、それでも振ってしまいました。タイヤの消耗が激しすぎる事から考えても、車体の重心制御がラフすぎて、その時点その時点で1つのタイヤに負担がかかりすぎてるのかも。ブレーキ、ステア、アクセル、すべてにおいてもっと繊細に扱わなきゃダメかもしれませんね。

ハ、ハンコン買ってからの課題にしようかな^^;



カテゴリ:G2+G3+NGT(C5Rを除く)
使用マシン:Porsche GT3-RSR
周回数:12Laps
参加台数:14台
予選:8位(1:44.134)
レース:9位
ファステスト:9位(1:44.715)


4/8 OAS-B鯖様 Cornerby


OAS-B鯖さんの第24戦は、シビックを使いこんなトラックで行われました。第1戦を思い起こさせるシチュですねー。
1103.jpg



さてこのトラック、OAS-B鯖さんが採用するだけあり、やはり様々なポイントがあります(笑。



民家があったり、
1104.jpg



横断歩道があったり、
1105.jpg



羊がいたりw、
1106.jpg



パトラッ 牛がいたりと、一見のどかな牧場地帯なんですが・・・、
1107.jpg



崖になってるのにガードレールが無かったり、
1108.jpg



ガードレールがあるかと思えば、それに触れると「ガッ!」っとダメージ食らって、むしろこっちの方が危険だったり、
1109.jpg



この小っちゃいOB杭みたいなのが鋼鉄製だったりと、かなーりデンジャラスな要素が潜んでます(苦笑。
1110.jpg



また、征服したくなるような山があったり、
1111.jpg



ダイブスポットがあったりと、OAS-B的要素も満載です。普通はダイブしたら落ちるだけですが、
1112.jpg



このトラックではアナザーワールドに着地します。ここは地獄かw。
1113.jpg



当日のプラクティスでも果てしなく広いここで遊んでたんですが、
1114.jpg



他にも真っ逆さまになって地獄に落ちてきた方がw。
1135.jpg



さてレース。遊び呆けてロクに練習してなくて6番手スタート。しかも、
1116.jpg



ボケーっとしててシグナルに気付かず最下位にorz。まあのどかなトラックだしのんびり行こうと仕切り直しです。
1117.jpg



しかし、ここからはカオスのオンパレードでした(苦笑。



ポールポジションからスタートされたDさんが早々に「ガッ!」の餌食になり、レース中だというのにまた干物をやってたりw。
1118.jpg



予選2位のMさんもダイバー化してたり^^;
1119.jpg



お久しぶりのTさんも豪快に「ガッ!」の餌食になり@@;、
1120.jpg



カオスにめっぽう強いAさんもマサカの餌食になり@@;、
1121.jpg



ワタシの目の前を走っておられたPさんも餌食になり@@;、
1122.jpg



トップを独走しておられたNさんも豪快にダイブされ@@;、
1123.jpg



4周目に入った時点でマサカの3位浮上(汗。・・・しかしここがワタシのピークでした(苦笑。
1124.jpg



Arenaさんと激しくバトルし、
1125.jpg



プレッシャーに負けてズサーorz。
1126.jpg



ここでもソロズサーorz。鋼鉄杭に当たらなくてホントーにヨカッタ。
1127.jpg



そしてとうとうワタシも「ガッ!」をやっちまいましたorz。
1128.jpg



その周の最終コーナーでもズサーorz。これでパンク・・・。
1129.jpg
1周するより、逆走してすぐ後ろに見えるピットロードに入っちゃえと良からぬ事を企てたんですが、



あわやトップ走行中のnidoneruさんと正面衝突するところでしたスイマセンスイマセン。
1130.jpg



しかしバチが当たったか、ピットクルーのやつらがワタシをシカト(苦笑。ヒマそうにしてたこいつらに頼んでもダメでしたw。
1131.jpg
結局もう1周パンク状態で走ることにorz。



次の周、やっとこピットインしたんですが、クルーの作業が遅いと思ったら、空中浮揚のパフォーマンスなぞしてやがりましたw。
1132.jpg
1133.jpg



ラストは、最終コーナーでシビックホイホイにかかってゴール出来ずにいた方々をJAFしてオシマイ(笑。
1134.jpg
こんなすさまじいレースを制したのはNekoppoさん。おめでした! そのNekoppoさんと同一周回でゴールできたのはたった1人だけ。残りは周回遅れかリタイアと、正にオニチク炸裂なレースでしたとさ^^;



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:Honda Civic
周回数:11Laps
参加台数:9台
予選:6位(1:36.036)
レース:7位
ファステスト:7位(1:36.098)


4/1 OAS-B鯖様 Vitus Parc 2009 International


年度末で多忙を極め、4月上旬も少しその忙しさを引きずりそうorz。それでも峠は越せたかなと多少ホッとしているレオですこんにちは。



基本OAS-Bな設定中心だけど、時折MA-GなF1が織り込まれるOAS-B鯖さん。以前Barcelonaの記事をUPした際、コメント欄でウィリアムズのニド・ネルベルグさんと、


『パッド勢が健闘しましたよねー』

『F1でパッドが不利とは感じませんねー』


などと軽口を叩いてたんですが、もしかしたら鯖管様の逆鱗に触れたのかもしれません・・・。



こんなトラックをご用意していらっしゃいましたwww。
1099.jpg
ナンデスカこのサディスティックなトラックは(笑。レイアウトもそうだけど高低差も激しい激しい。オニチク様の恐ろしさを改めて垣間見ました。ナマイキ言っちゃってスイマセンスイマセン(笑。



一度GTC教授の講義を受講したりしてけっこうがんばって練習しましたが、やはり問題は低速コーナーからの立ち上がりでしたね。セッティングである程度は緩和出来るものの、重要なのはアクセルを開けるタイミングと開度でしょうか。踏む時は、コーナリングを終えて車体がまっすぐになってからでないと簡単に回る。あと、タイム短縮を意識するあまり早めに全開にしてしまっても回る。減速・旋回・加速を切り分けて、それぞれを丁寧にやるイメージがいいっぽい。以下主なコーナーの印象。


≪Turn1≫
ストレートエンドの上り坂を抜けた直後の低速コーナー。ギリギリまで見えないので怖い。スタート直後は特に混乱必至?


≪Turn4≫
ブランズハッチ風味のバンピーで高速なコーナー。ラインが決まりさえすれば全開でいけますね。それがまたちょっと難しい。


≪Turn9~10≫
複合の高速コーナー。ライン取りとアクセル開度の調整が難しい。


≪Turn23~24≫
モナコのラスカス風味な低速コーナー。曲がりながらのブレーキングが難しい。


≪Turn30≫
気持ちアクセルを抜く程度の高速コーナー。Turn29の旋回中にはここが見えないので、進入のラインや速度を間違えやすい。間違って入ったらズサー。


≪Turn37≫
余裕で全開で抜けられる高速コーナーなんだけど、クリップが視認しずらいのでラインが定まらない。あとリアのグリップが抜けやすいですねここ。


≪Turn39≫
高速シケイン。全開で抜けられる。ただラインを少しでも間違えると縁石に乗り上げてしまう。大きく乗り上げると失速してしまうのでそれはダメ。


とまあ、鯖管さまがおっしゃっていたように、一度コースを覚えてしまいさえすればかなーりチャレンジングで楽しいトラックでした。それを踏まえて、今回のワタシの作戦としては、


① KERS封印。(使い所も少ないし、それに気を回す余裕が無いw)

② オートマチックw。(シフトチェンジに気を回す余ry・・)

③ バトルはあまり意識しない。己との戦い。(それに気を回ry・・)

④ それによって余った集中力は、すべて低速コーナー立ち上がりに注ぎ込む。



と、ここまでは告知が早かったため事前に書き溜めしておきました^^;

さて当日。はたしてどうなったか。



プラクティスでは、ニド・ネルベルグさん、Donさん、GTCさんらが、何やら楽しそうにワイワイガヤガヤOAS-Bっていらっしゃった。今回はMA-Gだというのに、まったくもってけしからんですねw。それに混ざりたい誘惑に激しく駆られましたが、難しいトラックなので必死でガマンして練習に勤しみました(笑。

予選はその甲斐があったか、1アタック目で満足な走りが出来た。フロントローはDMコンビに取られましたが、同じ47秒台だったので上出来でしょう。



オープニングラップはまたまた動画で。

そんなこんなで、トップのDonさんを視界に捕らえつつの2番手という位置に。



2周目以降も、この付かず離れずのこう着状態が続く。
1100.jpg
やはり想定していた通り、ミスしたら負けな自分との戦いの様相となりました。言うなれば、Donさんがドン・ズサード将軍としての側面を出してしまうのか、それとも、ワタシがブロガーのサガでオチを付けてしまうのかの争いですねwww。



しかし、ワタシもこの展開を想定して準備してきたし、Donさんもバッチリ安定しておられた。



そのままの状態でチェッカー。
1101.jpg
いやー、最初から最後までスピン無し、コースアウト無しだったのでムチャ嬉しかったです。



ハタから見ればいい勝負だったように見えるかもしれませんが、当事者の感想としてはDonさん強かった! 特に低速コーナーがスゴイ。ラスカス風味なコーナーとか難しいんだけど、流れるようにクリアしてた。完全にレースをコントロールしてましたね。GS鯖さんブランズハッチでのレースを思い出して懐かしくなりました。
1102.jpg
意外やDonさんはOAS-B鯖では初優勝とのこと。Domeeeeee!



カテゴリ:F1 2009
使用マシン:Ferrari F2009
周回数:7Laps
参加台数:8台
予選:3位(2:47.962)
レース:2位
ファステスト:2位(2:49.681)


1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。