スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/27 JPN-GO鯖様 Kyalami


たぶん今年最後の更新です。昨年末、7年間続けたネトゲを引退、今年初めから畑違いのレースシムの世界に足を踏み入れました。GTR2はオフラインでも十分楽しく、7月までは1人攻略を楽しんでいましたが、8月からGS鯖さん誕生と共にマルチデビュー、その楽しさはさらに広がりました。デビューしてはや4ヶ月半、参加させて頂いた鯖の鯖管さまやご一緒させて頂いた方々には大変お世話になりました。おかげ様で楽しい時間を過ごさせて頂きました。来年もどうぞよろしくお願い致します。



さて、遅れ馳せながらやっとこ新バージョンのSGTを初体験する事が出来ました。車もトラックも初めてということで、前日を練習の時間に充てたんですが、GTCさんと一緒に練習するという、たいへん貴重な時間を過ごさせて頂きました。いやしかしすごかった。GTCさんにとっても初トラックだったのに、短時間でコースを把握、短時間でセットを煮詰め、短時間で相当なレースペースを築かれてました@@; ワタシはというと、各コーナーのブレーキポイントとギアを覚えるのでイッパイイッパイでした^^; それでも色々とアドバイスを頂いたおかげでいつもより早く攻略出来たなー。感謝感謝ですm(_ _)m



ただ、レースはというと反省&懺悔ばかりとなってしまいましたorz。



takkamさん申し訳ありませんorz
727.jpg



練習で横転して学習したはずだったのに横転しそうになったり
728.jpg



ズサーしたり。これでGTCさんとのオーバーテイク勝負は3勝4敗にw。
729.jpg



nidoneruさん申し訳ありませんorz
730.jpg



Savannaさん申し訳ありませんorz
731.jpg



Donさん申し訳ありませんorz
732.jpg



と、特に普段恩義を感じている方々に対しての仇返しばかりでしたorz。まだまだ未熟者でして、来年もご迷惑をおかけするかもですが、改善すべく今後も努力していきたいと思います。来年もよろしくでございます。



カテゴリ:SGT500
使用マシン:LEXUS SC430 2009
参加台数:25台
予選:9位(1:32.749)
レース:10位
ファステスト:16位(1:33.745)


スポンサーサイト

12/24 OAS-B鯖様 BergRennen


24日の夜は、街に愛があふれるイヴナイト。

ところが・・・


『ファッキン・クリスマス』 (by某T氏)


OAS-B鯖さんには、それとは無縁のロンリーな若者&オッサンが集結いたしました(苦笑。これが現実の世界での集結なら超ハズカシイところですが、バーチャルではそれほど恥ずかしくないですよねw。(イベントを23日に前倒しされた方も多かったでしょうけど^^;)



今回のレースに望む前に、先日ふと、これまでのOAS-B鯖さんでの戦績をまとめてみた。

第1戦  アリ地獄峠     牧場&暗黒面ダイブDNF
第2戦  パイクスピーク  スカイダイブDNF
第3戦  ミッションカート   茂みダイブDNF
第4戦  モナコde芝刈り  周回遅れ完走
第5戦  Winter Dragon   2位
第6戦  大ダイブ大会は2位w(レースは下位完走)
第7戦  いすたんMA-G  5位
第8戦  8の字        3位
第9戦  不思議うさっぴー 2位
第10戦 ラディカル渋谷  クラッシュDNF
第11戦 マカオF1MA-G  クラッシュDNF
第12戦 待てルパ~~ン  クラッシュDNF

オニチク鯖管さまの思惑通り、完走率はジャスト50%でした(苦笑。バイオリズム的には上がって下がってるので次は上がる番なのか、それとも、ふりだしに戻ってダイバー化するのか、非常に微妙な規則性を示してますねw。ここはひとつ、上位完走してオニチク鯖管さまの歯ぎしりを聞きながら年を越したいところです^^;



さて、今回は第2戦でも開催されたパイクスピーク再びです。当時のエントリーでも書いてますが、ムチャクチャ楽しくてチャレンジングな設定です。今までの全12戦、どれもこれもが「もう1回走りたい!」と思えるような設定ばかりでしたが、ここは特にそうですね。Donサンタさんありがとうございます。



さてレース。LOT鯖さん参加組が予選を走れなかった事もあり3番手から。
710.jpg



直後にnidoneruさんをパスし2位浮上。
711.jpg



トップは、予選で9:48.767という、田嶋伸博さんも真っ青なタイムを出されたDanNaさん。見る見る光の彼方へ消えていかれました@@;
712.jpg




今回も作戦はもちろん「カメ作戦」。2回目ということもあり、順調にラインをトレースしてましたが、



9合目あたり?でコースアウトorz。nidoneruさんにパスされ3位後退。
713.jpg



ところがその直後、山頂のゴール前で、コースアウトされたnidoneruさんをパスして2位に再浮上してたみたい。
715.jpg
しばらくは気付きませんでした。



そして2周目に突入。GTR2ならではの架空つり橋へ(笑。
716.jpg



これは前回のスクショですが、前回はセッティングが不十分で最高速は346km/h止まりでしたが、
717.jpg



今回はセッティングばっちり。387km/hを記録♪ 欲を言えばここでオーバーテイクしたかったな^^;
718.jpg
(当日キャプチャソフトの立ち上げを忘れ、マルチ後、オフで撮り直したorz。)



引き続き順調な「カメ作戦」を遂行してましたが、ターミネーターnidoneru氏が脅威の追い上げを見せ、ミスったところをパスされ3位後退orz。
719.jpg



その後は、ウサギのようにつまづきながらカメのように歩む悪癖が出て付いていけず、ゴールまでずっとショボーンなロンリーレースとなりました(苦笑。



そのまま3位でチェッカー。
720.jpg



上位お二人を踏みつけに祝福した後(笑、
721.jpg



ロンリークリスマスと、後半のロンリーレースの穴埋めをせねばと、nidoneruさんと共に奈落の底に落ちる計画を企てましたが・・・



上手くぶつけられず、おまけにエンジンが逝ってしまうというダメっぷりorz。
722.jpg



しかしそこは空気の読めるnidoneruさん。今度は逆にワタシを突き落とそうとしてくださいましたが、



もう一息のところでnidoneruさんもエンジンストールwww。
723.jpg



しょっぱいエンディングに2人で枕を濡らすところでしたが、ここで救世主が現れる。



Donサンタさんが空気を読んでくれました^^;
724.jpg
725.jpg



シムラ、トナカイ!トナカイ!
726.jpg



カテゴリ:Suzuki Escudo & XL7
使用マシン:Suzuki XL7
参加台数:18台
予選:3位(10:14.827)
レース:3位
ファステスト:3位(8:05.863)


12/21 JPN-MYS鯖様 Fuji Speedway


初富士です。我が家から最も近くにあるサーキットです。エセモータースポーツマニアなので行った事はありませんけど(苦笑。さらに言えば、富士と言ったらひょうたんを縦割りにしたようなコースレイアウトしか知りませんでした。

今はこんな事になっちょるんですね。
690.jpg
調べてみたら、またあのティルケが関与してましたorz。走ってみたけど、特に大改修が行われたコース後半セクションは超ムズカシイです・・・。なんというか、必死で走ろうとすればするほどラインが崩れて遅くなっちゃう感じ?



さてとにかく攻略です。過去同じシチュで行われたレースのリザルトを調べてたら、ビツルボの上位独占をハッケンしました。んで今回はビツルボとM3を乗り比べてみた。
691.jpg
M3で出したタイムよりも速いタイムを他のマシンで出せたのはこれが初めてです。そんなワケで今回はビツルボ君にケッテイ。富士は直線が長いから直線番長なビツルボが有利ってことですかね。

羽根は、その直線番長を生かすべく、ワタシにしてはがんばって2-4に。あとは走りこみながら足回りを微調整。過去の悪行を反省し、特にブレーキポイントをしっかり覚える事を重視しながら練習し、いざ本番。



プラクティスでは、マシンや走りを自重されてた方が多かったのもあって上位に付けてました。ところが・・・

予選はマサカの雨。28台中16位で終えますorz。雨の修行不足が露呈しました。いつかまた練習せねば。。。



スタートはスタンディングスタート。気持ち遅れたかもですが、鬼門の1コーナーはたぶん接触ナシで抜けて、その後もコースアウトされた方々を横目に順調な走行が続く。



リプは4周目から。この時点で11位。
692.jpg
前方はSennaさん。普段RSRに乗られてるSennaさんと普段M3に乗ってるワタシが、偶然にもビツルボでチーム結成です。



M3の方にパスされて12位で向かえた次の周のストレート。入り口でのこの差が、
693.jpg



まん中あたりでこうなります。
694.jpg



情報としては知ってた直線番長を実感した瞬間でした。ちょっと反則的に速いですね^^; でもめったにオーバーテイク出来ない子なのでムチャクチャ気持ちよかったですスイマセンスイマセン。
695.jpg



5周目は、ポジションダウンされたチームメイトからのプレッシャーに晒される。
696.jpg
ところが、



アクシデントに見舞われてしまわれたご様子。ランデブーはここでおしまいでした。
697.jpg



背後のプレッシャーから開放され、平静を取り戻した6周目、ここである異変に気付く。
698.jpg
スタート直前のおみくじがハズレばかりで、エンジンヘルスは7%でスタートしたですよ。ところが、この時点でエンジンヘルスは3%になってましたorz。レースは13周。同じ調子で走ってたら持たない計算です・・・。



前方のRodgersさんに迫りたいところですが、セーブした走りで付いて行ける訳も無く、じわじわ離され、
699.jpg



8周目ではこの差に。しかも、セーブしたのにエンジンヘルスは2%に落ちてましたorz。
700.jpg



その8周目、上位にアクシデントがあった模様で7位浮上。その関係で9周目は、上位から降臨してきたsatorukoさんの強烈なプレッシャーに晒される。
701.jpg



なんせこのレースでファステストを取られたお方。プレッシャーがハンパなかったっす。エンジンヘルスがどうのこうの言ってられません。全開で逃げました^^;
702.jpg



しかし1周近く走ったところで、とうとうプレッシャーに負けコースアウト。8位後退。このチキンなメンタルもいつかなんとかしなければなりません(苦笑。
703.jpg



ところが!!!



ここでsatorukoさんが先にエンジンブローリタイア。豪快に火を吹かれてました@@;
704.jpg
自分はどうかと確認したら、エンジンヘルスは1%・・・。大型ハリケーンに襲われたような怒涛の9周目だったな(笑。



さて、この時点で残り3周。ワタシもちょっと完走は無理っぽです。10周目以降は、終始安定した走りをされていたRodgers先生の走りを勉強させて頂くことにシフトチェンジです。
705.jpg



特にこの、最終コーナーのライン取りは目からうろこでした。コースのタイヤ痕にばかり囚われてましたが、あんなラインがあったんですね。勉強になりました。
706.jpg



11周目最終コーナー、とうとうエンジンヘルスが0%、白煙が上がり始める。
707.jpg
0%になったらエンジン止まるのかと思ってました。内部的には小数点以下の数字が残ってるのかな。



それに、この時点でパワーダウンもそれほど感じなかった。なので走り続け、12周目に突入。
708.jpg
さすがにストレートとかではレコードラインから外れましたが、直後のpoaroさんやnidoneruさんはさぞかし走り難かったことだろうと思います。すいませんorz。



ただやはり徐々にパワーは落ちていき、1周近く走ったところでリタイア。
709.jpg
satorukoさんは黒煙&炎で一発ブロー、ワタシは白煙で徐々にブローと、ブローにも色々あるんですね。どういった違いでそうなるのかな。あと、今回ダクトは2にしてましたが、水温・油温は確か80℃前後で安定してたかと思います。レブをMAXにしてたのが悪かったかな。いやはや、またまた何かと勉強になったレースでした。



カテゴリ:G2+G3+NGT(C5Rを除く)
使用マシン:Porsche 911 Biturbo
参加台数:28台
予選:16位(1:46.974)※雨
レース:25位(12周目エンジンブローリタイア)
ファステスト:11位(1:40.111)


サーキットの自力ロック解除完了


久々オフライン記事です。まずはDriving School。

こちらの全クリは3月中に終わってたんですが、ゴールドギアは2つ取りこぼしておりました。
687.jpg
エストリルでの最終試験はいつか再挑戦しようと思ってましたが、基礎ブレーキ練習での最終試験ゴールドゲットはどう逆立ちしたって無理っぽく、全ゴールドゲットはあきらめておりました。



ところがっ!

HiromJさんが挑戦されて見事ゴールドゲット。誤表記の罠と攻略のコツを教えてくださった。



それを参考にさせてもらい、ワタシも何とかゴールドゲット。ついでにエストリルもゲット。晴れて全ゴールドギアゲットとなりました。
688.jpg
HiromJさん様様です。ありがとうございましたm(_ _)m



そしてCustom Championship。

こちらも単なるクリアではなく、すべてのゴールドトロフィーゲットに挑戦してました。それには各シリーズ戦総合優勝が条件。ただ、基礎ブレーキ練習での最終試験に比べたら簡単です。(時間は途方も無くかかりますがw) 8月末に全40シリーズ中38シリーズを消化して以降、マルチが忙しくなってきちゃって放置してましたが、ここ最近、合い間を見つけてはチマチマと進めてました。



んでやっと、すべてゴールドトロフィーゲットで全クリ。
689.jpg



以上を持ちまして、やっとこサーキットの自力ロック解除が完了致しました。休止してた期間を除くと苦節7ヶ月くらいか。・・・長かったorz。やっとの思いで最後にロック解除したサーキットは、Dubai Internationalという今後絶対使わなそうなトラックですけどwww。

ただ、マルチデビュー戦で予選2位だったり、GS鯖さんで比較的上位を走れたのも、ひとえにこの修行があったからこそだと思います。強制的に様々なマシンやトラックを勉強する事になりますしね。もしこれがゴールドにこだわらなければ、難易度が下がってひたすらダルい作業になってるところですが、ゴールド縛りだと初心者にはちょうど良い修行になるかと思います。単純に周回の速さを修行したい場合はオススメです。でも、レースでの強さを求める場合はマルチで経験を重ねた方がよっぽど効果絶大ですけどね。



さて今後のオフラインでの課題は、デフォマシン・デフォトラックでのさらなる精進、よく使うマシンでのセッティング勉強、よく使われるアドオントラックの習得あたりですかね。アドオントラックについては、

スーパーGT開催トラック
F1開催トラック
過去F1が開催されてたトラック
ニュル北
ル・マンのサルト・サーキット

少なくともこの辺はある程度極めたいところです。ただ、マルチとリンクさせながら進める事が多くなるかな。まあ引き続きドン亀ペースですが、ゆっくりでも習得できていけたらと思います。

12/17 OAS-B鯖様 Lienz GP 24H


OAS-B鯖さま第12戦はLienz GP 24Hというトラックで行われました。
679.jpg
680.jpg
681.jpg
オーストリアの古い街並みと美しい丘陵地帯を走り抜けるトラックです。オーストリアにLienzという街は確かに実在するようです。日本語表記だとリエンツが多い? ただ、グーグルアースで旅行してきましたが、Varaのように実際の街を再現しているのかの確認は取れませんでした。ちょっと架空が入ってるっぽい? もしくは、かなり昔の街を再現してるのかも。



あと余談ですが、このトラックはダイブスポット満載です。ダイバーな方々はぜひ豪快なスカイダイブに挑戦してみてください(笑。
682.jpg
683.jpg
684.jpg



そして、使用マシンはコレ。シトロエン・2CV。
685.jpg
ルパン三世・カリオストロの城で、クラリスが乗ってた車ってのが一番通るでしょうか。



その辺をちらっと確認してたら、カリオストロ公国は、リヒテンシュタイン公国という実在する国をモデルにしてるって記述を見つけた。そして、そのリヒテンシュタイン公国ってのは、オーストリアのすぐ隣に位置してる。よってこのLienzというトラックは、カリオストロ公国の風景とけっこう近いという事になる。(強引な三段論法w)



・・・鯖管さまの意図が見えてきました。



つまり、「待てルパ~~~ン!!!」なカーチェイスを、最も相応しいトラック&マシンでシミュレートするという事ですね? わかります(笑。



しかしこの車、Donさんが「GTR2界きっての低スペック車」とおっしゃってた通り、ムチャクチャ遅い車でした^^;

「いくら完走率50%がデフォのオニチクなOAS-B鯖さんとはいえ、この車でリタイアする人なんていないんじゃね?」

そう思いながらむかえたレース本番だったんですが・・・



1周も走らないうちに、藁束にクラッシュしてエンジンヘルス0%、見事にリタイアでしたwww
686.jpg



クラリスに完敗ですorz。



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:シトロエン・2CV
参加台数:19台
予選:4位(6:02.295)
レース:18位(1周目クラッシュリタイア)
ファステスト:18位(No time)


12/14 JPN-MYS鯖様 Magny-Cours GP,2004


ここ最近、LOT鯖さん等で某郷さんや某Eさんが華々しく活躍されて実績を積まれており、それに刺激を受けてムショーにデフォマシン・デフォトラックで基礎からみっちり修行をやり直したいと思った今日この頃なレオですこんにちは。

そんな思いを持ちながら、12/14がデフォマシンでのマニ・クールだったMYS鯖さんにお邪魔しました。使用マシンはM3。マシンもトラックもよく知ってるので、覚える事に時間は取られません。ひたすら速さの上積みをテーマとして練習です。

GS鯖さんマニ・クールでは雨だったので、参考までに一般鯖の過去のリザルトを探してみた。すると、ポールポジションが37秒台あたり、38秒台までは上位といった感じ。38秒台なら出せてたので安心して乗り込みましたが・・・

予選では1:38.453と38秒台の前半が出たものの、22台中10位でしたorz。皆さん速い速い。SYORIさんに至っては36秒台と、変態的タイムでポールをゲットされておりました@@; MYS鯖さん上位ランカーの壁はまだまだ高いぜ・・・。



ローリングスタートは無難に決まったけど、
656.jpg



直後にいらしたnidoneruさんが抜群のスタートを決めた。
657.jpg



並列状態でコーナーに進入するも、
658.jpg



そろって混乱の渦中にorz。
659.jpg



同じ方向を向く法則が発動してるのは何故でしょう(苦笑。
660.jpg



20位から仕切り直し。
661.jpg



オープニングラップ最終シケインではこんなシチュでしたが、ギリギリかわしてセーフ。直後では、ずっとnidoneruさんがロックオン。
662.jpg



さて、勝負どころの2周目ストレート。最初この差だったのが、
663.jpg



中間地点でこの差orz。
664.jpg
あれかな、手前のコーナーの脱出速度が遅かったかな。それとも、羽根は2-6でしたがnidoneruさんはもっと寝かせてた?



ストレートスピードの差になすすべもなく、ヘアピンではアケッパ・インサイドorz。順位が入れ替わります。
665.jpg



3周目あたりからは、J_Pablo Jinteyaさん、aokingさんの争いに加わる。
666.jpg
いやー、このViper Competition Coupeを駆るJ_Pablo Jinteyaさんがスゴイ! Viperって車は、G3クラスなので当然遅いです。ただ、ストレートスピードはG2クラス並に速くて、コーナーだけが遅いという変な車なんですよね。そんなマシンを上手い方が走らせると、ムチャクチャ抜きにくい変態的なマシンに仕上がります(笑。



4周目あたりでnidoneruさんは抜け出し、Teseoさんが加わります。一瞬ミスった隙に抜かれましたorz。
667.jpg



んで向かえた6周目、ストレートエンドでブレーキが遅れてしまったorz。
668.jpg



このままブレーキングを続けていても必ず当ててしまう状況。接触を回避するにはコレしかないと、



逆にアクセルを踏み、自らズサーサイドへ堕ちる事を選択しましたorz。
669.jpg
670.jpg
671.jpg



いやー、ぶつけなくてヨカッタです。驚かせてスイマセン。
672.jpg



その後しばらくは1人旅。そして向かえた10周目、



再びJ_Pablo Jinteyaさんとバトル開始。
673.jpg



抜けるチャンスはそうそう無いと思い、ストレートエンドでちょっと強引にINに入った。
674.jpg



だがしかし見事なクロスラインを描かれ、
675.jpg



立ち上がり勝負で負けるorz。上手すぎ!
676.jpg



んで11周目、Viperが苦手な高速コーナーエストリルで、



やっとこ抜く事が出来ました。いやー、楽しかったです。バトルTHXでした。
677.jpg



そのまま14位でチェッカー。
678.jpg
結果はイマイチでしたが、バトルが多くて沢山の経験値を頂きました。引き続き基礎的な練習を続けてもっと経験値を増やしていきたいと思いマス。



カテゴリ:G2+G3+NGT(C5Rを除く)
使用マシン:BMW M3 GTR
参加台数:22台
予選:10位(1:38.453)
レース:14位
ファステスト:15位(1:39.808)


12/13 JPN-GO鯖様 Hungaroring


JPN-GO鯖さんのGS CHALLENGE第5戦はハンガロリンクでした。F1でも定番のトラックですよね。オーバーテイクが難しい低速テクニカルコースとして有名です。今回初めて走りましたが、お互いミス無く走ってる中でのオーバーテイクはホント難しいです。マンセルはよくこんなとこで11人も抜いて優勝したなあ。改めて尊敬しちゃいます。



1アタックの予選は珍しくハマり、プラでも出なかった1分37秒台(だっけかな?)が出て3位でした。ポールポジションはダースベイDon卿、2位は憑依のArenaさん、4位は元ダイバーキングSavannaさん、5位はニドネルーク王子と、ネタ満載な面々に囲まれた懐かしくも第1期GS鯖さんでしのぎを削った面々に囲まれたグリッドとなりました。



スタートはローリングスタート。
640.jpg



タイミングが合って、1コーナーではArenaさんとサイドバイサイド。
641.jpg



しかしここはOUT側の不利で3位のまま。
642.jpg



このままの順位で向かえたオープニングラップ9コーナー、トップを走っていたダースベイDon卿からの心の声を受信する。



「コーホー…コーホー…」

「レオよ…、ワタシと共に来るのだ…」




ベイDon卿と共にズサー・サイドに逝ってしまいましたorz。
643.jpg



もしくは!



直後のnidoneruぴょんニドネルーク王子の強烈なフォースに操られたのかも!
いやまてよ? やっぱりこれは憑依のArenaさんが前と後ろに(ry
644.jpg



・・・



嘘です・・・。すべては自分のミスですスイマセンorz。



以上、おふざけはここまで。あとはほとんど懺悔ですorz。



13コーナーではSavannaさんにに追突してしまいましたすいません。
645.jpg



動揺して直後の14コーナーではブレーキポイントを見逃すorz。
646.jpg



そんなこんなでオープニングラップは8位。
647.jpg



2周目1コーナーでは止まりきれず、Rayeさんを弾いてしまいましたすいません。
648.jpg



4周目はCHAbさんと激しくバトルな周だったんですが、
649.jpg



7コーナーでリアを小突いちゃってスピンモードにしちゃいましたすいません。
650.jpg



6周目あたりからはKURE 5-56さんとのスープラ対決に。



最終コーナーの脱出速度を速めてスリップ圏内に入るのですが、
651.jpg



ストレートスピードでは負け。1コーナー手前では離されます。
652.jpg
ハンガロリンクでは、バトルで優位に立とうとしたら羽根は寝かさなきゃダメなことを教えてもらいました。



そんなこんなでこのバトルは3周に渡り続くことに。長いことバトルTHXでした。
653.jpg



6位でチェッカー
654.jpg



レース後は某Eさんが破壊の限りを尽くしてましたw。
655.jpg



初トラックな割にソコソコ走れたのと、バトルが楽しかったのは良かったです。しかし、ブレーキポイントの把握が不十分で人様に沢山ぶつけてるのがいただけませんねorz。もうちっとその辺を熟知してからレースに臨まなきゃダメですね。精進シマス。



カテゴリ:SGT500
使用マシン:TOYOTA SUPRA
参加台数:15台
予選:3位(1:37.795)
レース:6位
ファステスト:5位(1:40.318)


12/12 JPN-GO鯖様 Monza GP,2003


JPN-GO鯖さんのGS CHALLENGE第3戦は残念ながら出席できず、1つ飛ばして第4戦モンツァに出席。

予選はワンアタックでコースアウトして失敗。ノータイムorz。ただ、あえてノータイムだったGTCさんとグリッドが近かったので、バトルが出来るかもとwktkしながらスタート。

だがしかし、激しいラグに見舞われ、周りの車すべてがコマ送り状態。これでは迷惑をかけると判断しEsc。リタイア。実際にご迷惑をおかけした方がいらっしゃいましたらすいません。リタイアされた方は数名だったけど、他の方は問題なくレース出来たのかな。だとしたら自分の回線環境も要改善か。ただ、鯖側でも対策してくださるとのこと。(実際、第5戦は快適に遊ばせてもらいました。THXでした。)

レースはほとんど走ってませんが、マルチデビュー以来すべての参戦記UPを継続中なのでUPデス。



カテゴリ:SGT500
使用マシン:TOYOTA SUPRA
参加台数:25台
予選:No time
レース:1周目でEsc
ファステスト:No time


12/10 OAS-B鯖様 Macau 2005 GP


OAS-B鯖さま第11戦はマカオでF1!!!
632.jpg
GTR2購入前のリサーチ時からF1マシンはいつか走らせてみたいと思ってましたが、いよいよその夢が叶うこととなりました。このF1MOD、様々な年代がリリースされてるようですが、今回は最新の2009年バージョンです。

今年のF1に限って言えば、ニューウェイが手がける斬新で美しいマシンを擁するレッドブル、ドライバーは将来の大成を予感させるベッテルを応援してました。時計マニアではありませんがオフィシャルチームウオッチを買っちゃったりもしてます^^;



しかし今回選んだマシンはフェラーリ(笑。
633.jpg
観戦する側以上に乗る側視点だとやはりフェラーリには魅力がありますね。魔力と言ってもいいかもしれません。KERSが実装されてるのもポイントです。世界中のドライバーが憧れるF1フェラーリのシートを疑似体験しちゃいます。



そんなこんなで練習を開始したワケですが、そのぶっ飛んだ性能には改めて驚かされました。エスクードのようなパワー、ラディカルのようにどこまでも回るエンジン、カートのように軽快でクイックなステア、SGT以上のダウンフォース、そして、芝刈り機のような加速装置(笑。今までOAS-B鯖さんで体験したマシンのイイとこ取りのような性能です。もうホント加速・減速・旋回が別次元、目が付いていけません@@; 体内時計を倍速で動かさなければヤバイ感じです。

そして、トラックもヤバイです(汗。マカオは以前、MYS鯖さんのElise&Porsche&Vertigoで走ったので知ってはいるんですが、山側セクションはガードレールに囲まれてて狭くて、路面もバンピーでコーナーも複雑に絡んでます。超繊細なステア&アクセルワークが要求され、少しでも誤ったら即DNFです。パッドユーザーなワタシとしてはステアのロック角を極力少なくして走り易くしたいところですが、

このヘアピンがそれを阻みますorz。
634.jpg
もうね、モナコのロウズ・ヘアピンなんて目じゃないくらい半径小さいんですよ。このコーナーのおかげでロック角は1ケタにはできませんでした。正にパッドユーザー泣かせなトラックですね。ただ、ここを攻略出来ればどのトラックでもパッドでのF1が通用すると思われるので、がんばって練習です。

前日にTEST鯖を立ち上げて下さったので、JOINしてそこでも練習しました。KERS非搭載のGTCルノーが鬼っ速なタイムを叩き出してましたが、そのタイムから1秒落ちくらいのタイムは出せたので一安心です。(KERSはガンガン使いましたけど^^;) ただ、ガードレールにぶつけずに走れたラップはあるものの、それが続かないのが問題です。やはりここは「カメ作戦」で、レースペースを犠牲にしてでも安定してラップを重ねるのが大事だなと感じました。



さて本番。セッティングは、まずはウイングをアンダー・オーバー・最高速の兼ね合いから25-30。そして立ち上がりのパワーオーバーを防ぐ方向でリアのスタビ、フロントのSLOW REBOUND、リアのSLOW BUMPを柔らかくしてみた。方向性が合ってるのかは自信がありませんがw。あとはステアのロック角を11。それ以外はデフォです。

予選では、1:47.097と、今までの自己ベストを1秒以上上回るタイムが出せて4位。上出来ですね。パッドがハンデとならない事を証明できたと思います。しかし・・・、予選1-2の凶悪コンビには3秒近く離されました@@; スゴスギです。もっと練習したら近づけるのかな。今度やってみよう。



オープニングラップの様子は久しぶりに動画で。

スタート勝負はブラウンGPのNekoppoさんに負けますが、反則技KERSで抜き返しますスイマセン^^; そして動画の57秒あたりではチキンブレーキで当てちゃってます。重ねてすいませんorz。その後上位3台に見る見る離されてオープニングラップを終えます。

まあ、予選タイムからも上位3台に付いて行く事は厳しいと思ってたので、位置的には上出来のポジションでした。あとはひたすらマイペースを貫き完走を目指します。



2周目終盤にはクラッシュされたフォースインディアsatorukoさんをパスし3位浮上。その後は一人旅が続きます。
635.jpg



5周目まではカンペキ作戦通りだったんですよ、5周目までは。



6周目、ヘアピンでブレーキが遅れてフロントウイングを失ってしまうorz。
636.jpg
それまでは慎重さを前面に出した走りが出来てたのに、ほんの一瞬の気の緩みでした。俺のバカー!



んで緊急PITイン。フェラーリは世界一のピットクルーを擁してます。テレビでもほんの数秒でフロントウイングを交換してるシーンを見たことがあります。大船に乗ったつもりで修理を任せましたが、
637.jpg



こいつら・・・、2分近くもかかりやがりました(苦笑。
638.jpg



おまけに・・・



やっとコースに復帰できると思った矢先にエンジンブローでリタイアorz orz orz。
639.jpg
かくしてワタシの初F1は幕を閉じたのでありました(苦笑。



今回は20台中完走が8台、トラブル無しで走れたマシンがたった3台と、OAS-B鯖さんのオニチクっぷりが見事に発揮されたレースでしたね。OAS-B鯖さんはこうでなくちゃいけませんよね(笑。個人的にはあの些細なミスが無ければ完走&表彰台が見えてただけにムチャ悔しいレースとなりました。でもパッドでもこれだけ戦えると解ったのは収穫ですね。オニチク鯖管さまには、これからもパッドユーザーの事は気にしないでもらって、さらなるオニチク設定を期待してますよ~w。



カテゴリ:F1 2009
使用マシン:Ferrari F2009
参加台数:20台
予選:4位(1:47.097)
レース:8位(7周目エンジンブローリタイア)
ファステスト:3位(1:48.636


12/7 JPN-Freshman鯖様 05TIAida


フレッシュマン鯖さんの第2戦はマツダ・ロードスターでのワンメイクでした。舞台は岡山国際。告知ではMX-5 Cup in Okayamaとなっていた通り、海外ではMX-5の名称で販売されているんだとか。

さてこのMOD、かなーりカラーバリエーションが豊富です。同じチームであっても違うカラーリングになってて、全部で36種類もありました。ワンメイクなのでマシン選択の基準はカラーリングの好みだけになるワケで、参加者の個性が見えてきて面白いですね。



ワタシは、人気が集中しそうなマシンを除外した中からこのマシンを選択。その時の気分によるのであまり一貫性はありません^^;
624.jpg



Hetter-Pさんはこんなマシン。確か第1戦とかOAS-B鯖さん渋谷とかもイエローでしたよね。お好みカラー?
625.jpg



暗黒面に捕らわれたダースベイDon氏はやはりダーク系。
626.jpg



某Mさんは同デザイン。ダークサイド(ズサーサイド?)に取り込まれつつありますね。
627.jpg



しかしこのお2人、上位でこんな熱いバトルされてました。すごすぎです@@;
628.jpg



そして勉強に追われてる某T氏。GS鯖常連ならピンクといえばすぐにピンときちゃいますね^^;
629.jpg



さてレースなんですが、こんな記事でお茶を濁してるところからも解るようにダメダメでした(苦笑。初トラック+初マシン+練習不足という三重苦で、第1戦に続きいいとこナシ。一時は最下位を走ってましたorz。ここんとこ22時台の鯖さんが充実してきて嬉しい限りなんですが、中々練習時間を作れないのが悩みの種ですね。まあそんな中でも、



珍しくHetter-Pさんと絡むことが出来てオラオラされたり、
630.jpg



ファイナルラップではCHAbさんをオラオラしたり、
631.jpg



と、楽しい時間を過ごさせてもらいました。バトルTHXでした!



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:Mazda MX-5 Cup
参加台数:16台
予選:8位(1:44.283)
レース:15位
ファステスト:14位(1:44.775)


12/6 JPN-GO鯖様 Spa-Francorchamps GP,2003


JPN-GO鯖さんのGS CHALLENGE第2戦はスパで行われました。SGTでスパを走るのは初めて。また、かなり走り込んでるスパですが、2003年バージョンはほとんど走ってなかったりします。

SGT500はダウンフォースが高いからか、オー・ルージュやブランシモンの難易度は下がりますね。ワタシのデフォ車でのオー・ルージュ全開クリアの成功率は40%くらいですが、SGT500だと90%くらいな印象です。ただ、それ以外のコーナーではデフォ車に比べて限界のブレーキポイントやコーナリングスピードが上がってくるので、今まで染み込んでた走りのイメージを払拭するのに苦労しました。

あと、2003年バージョンと2004年バージョンの違いはバスストップ・シケインの形状。2003年バージョンの方がより高速で抜けられる。ただ、それだけに挙動を乱し易い。走り込みが足りてないだけに要注意ポイントです。

そんなこんなで練習し、オフベストがSSタイヤで2分8秒フラットくらいになったあたりで時間切れ。本番を向かえます。



プラクティスでは、まずはSタイヤでレースペースの確認。2分10秒ちょいと、ほぼ練習通りで一安心。残りの時間はSSタイヤで1アタック予選の練習。ここでは2分8秒後半のタイムしか出せず、一抹の不安を抱きながら予選へ進むことに。

1アタック予選はやはり走りがぎこちなくなってしまって2:10.638の12位でしたorz。まあ、位置的には気楽に追い上げられる位置だろうと気持ちを切り替える。



いざスタート。
610.jpg



混乱の多いスタート直後のオー・ルージュですが、幸い展開に恵まれ、両サイドに他のマシンがいない状態。10位で通過。
611.jpg



そしてやはり混乱の多いケメルストレート後のレコンブからマルメディ。マルメディ進入でaokingさんのINに入ります。
612.jpg



自機リプを見る限り接触は無かったと思うのですが、
613.jpg



何かにぶつかったようなスピンをされました。
614.jpg
あれですかね、最近縁石でのグリップがゼロになるバグに見舞われる方がいらっしゃいますが、その関連ですかね。もしワタシが原因でしたらすいません。



その後は、プーオン手前で失速されたTeseoさんをパスし6位浮上。ここで一旦展開が落ち着きます。
615.jpg



状況としては前がEdbergさん、後ろがTeseoさんでのテールtoノーズがしばらく続きます。
616.jpg
いろんな鯖のリザルトを拝見するに、Edbergさんはすっかり上位常連さんになられてますね。今回も付け入る隙が見当たりませんでした。そしてTeseoさんもそう。GS鯖時代から速い方でしたが、最近はさらに速くなられてて、今回も優勝されてもおかしくないレースペースを築かれてました。



3周目のリバージュを抜けたあたりで後ろに変化が。Teseoさん、Senna-JPさん、nidoneruさんの3人が激しく7位争いをされてた模様で、後ろがnidoneruさんに変わる。ただ、バトルされてた関係でマージンは5秒ほど築けた。
617.jpg
Edbergさん攻略に専念できる環境にはなりましたが・・・



速度を落としてはいけないスタブロ手前でコースオーバーしたり・・・
618.jpg



バスストップ・シケインでウォールにぶつけたり・・・
619.jpg



4周目のバスストップ・シケインでもスピンしそうになりアクセル抜いたり・・・
620.jpg
やはり2003のシケインの練習不足が露呈したなあ。



そんなこんなで中々プレッシャーをかけられませんでしたorz。まだまだターミネーターにはなれませんね。この時点でEdbergさんには3.5秒ほど離され、逆にnidoneruさんには2秒差くらいまで詰められた。

このままではアカーン!と、もう追うとか追われてるとかは忘れて、5周目からはひたすらコース攻略に集中する。



ファイナルラップでは何とかこの差まで詰めましたが、後ろは再びTeseoさんに変わる。段違いのレースペースで猛チャージをかけてきててビビりました@@;
621.jpg
しかしEdbergさんは終始安定した走りをされてたな。お見事でした。



結局そのまま6位でチェッカー。
622.jpg



ゴール後は敬意を表してEdbergさんに特攻。
623.jpg
実は半分はブログで見事に騙された悔しさと、G27への嫉妬心ですけどw。



カテゴリ:SGT500
使用マシン:TOYOTA SUPRA
参加台数:28台
予選:12位(2:10.638)
レース:6位
ファステスト:9位(2:10.118)


12/3 JPN-MYS鯖様 Spa-Francorchamps GP,2004


12/3の二戦目はMYS鯖さん。デフォマシンでのスパ。

ここんとこ疲れ気味で睡眠時間を削るのはつらかったんですが、睡眠時間よりもスパの方が勝りました。鯖に入る時に手を抜いちゃって、OAS-B鯖さんで使用したMODが入ったままの状態でJOINを試みましたが、蹴られてしまいましたorz。やはり手を抜いちゃダメですね。フォルダを素の状態に戻して今度はOK。

使用マシンはM3。これはGS鯖さん卒業式と同じシチュエーションです。当時の予選タイムは2:20.173。そして今回出したタイムは2:20.162。予選9位。ヤバイ成長が止まってるorz。一応オフラインでは奇跡的に18秒台後半を出した事はあるんですが、まだまだコンスタントには出せません。修行が足りませんね。ポールポジションは18秒台前半のSYORIさん。ブログを拝見したら17秒台を視野に入れてらした模様。圧巻でございます。



さてレース。リプの方は冒頭の部分が記録されてなくて、フォーメーションラップからローリングスタートし、1周目のリバージュを抜けたあたりから。
597.jpg
どういった経緯で10位になったのかは忘れました。重度のリプ依存症です。年は取りたくありません(苦笑。



のっけからRodgersさんからの強烈なプレッシャーにさらされてます。
598.jpg



プレッシャーはんぱないっす。GTCでのこのパフォーマンスはワタシ的には信じられません。
599.jpg
600.jpg
ご迷惑をおかけせずにバトルせねばとド緊張してたんですが、



2周目のオールージュでやっちまいましたスイマセン。
601.jpg
602.jpg
603.jpg



幸いダメージはほとんど無く、失速して復帰しただけなのに、計7台からゴボウ抜きを食らいましたorz。
604.jpg
605.jpg
モヤシサンコワイトコロネ



3周目ブランシモン手前のストレート、不幸にもフリーズされてしまった方がいらしてプチパニック。
606.jpg



これでaokingさんにパスされる。突発的事態での対応に差が出ましたね。これも今後の課題として精進しなきゃだなー。
607.jpg



ファイナルラップはxanavi-yuukiさんからの強烈なプレッシャーにさらされた。
608.jpg
OAS-B鯖さんも含めて、この日はどういうワケか沢山の宇宙人な方からオラオラされる日でした^^; 貴重な体験をありがとうございました。



抜かれた記憶しか残ってないレースでしたが、なんか上位がサバイバルになってしまった模様で、10位でチェッカー。
609.jpg



いやー、またまた沢山の課題を頂いたレースでした。一番ダメだったのが、レースペースが予選タイムから3秒以上も落ちてたこと。予選の走りをレースで再現できない時が多いです。SG鯖さんのスパではそうでもなかったんだけどな。SYORIさんなんか、予選タイムを上回るファステストを叩き出しながらポールtoウィンされてました@@; 走りが硬すぎなのか、集中力の使い方なのか、タイヤマネージメントなのか、未だよく解ってませんが今後も精進していきたいと思います。



カテゴリ:G2+G3+NGT(C5Rを除く)
使用マシン:BMW M3 GTR
参加台数:27台
予選:9位(2:20.162)
レース:10位
ファステスト:18位(2:22.874)


12/3 OAS-B鯖様 Shibuya Street Circuit


昨夜はOAS-B鯖さまからMYS鯖さまへと、珍しくもハシゴしたレオですこんにちは。
まずは一戦目のレポです。(nidoneruさんも転戦されてたから、また更新ペースが落ちますね^^;)



OAS-B鯖さま第10戦の舞台はナント渋谷!
588.jpg
589.jpg
渋谷付近の明治通りや玉川通りはたま~に車で通りますが、細かい部分では???な部分はあるものの、大まかにはちゃんと再現されてるっぽいですね。見た記憶がある風景が点在してます。この建物ウジャウジャな街をよくもまあ再現したものです。作者様オツでございます。

渋谷駅西口広場の南方面、首都高速3号線下の玉川通りあたりがピットになってて、コースはそこから広場を北上、渋谷駅北側から東口方面に抜け、東口広場を南下、玉川通り手前でUターン、明治通りを北上、再び西口方面へ戻り、西武や109の横を経由しながら再び西口広場に戻るというレイアウトです。実際にはこれらルートを封鎖してのレースなんて絶対にアリエナイ訳で、そんな禁断のシチュを味わえてしまいます。



そして、使用マシンはこれ!!!
590.jpg
Radical SR3。知らないマシンだったのでちょっと調べてみたらすげーマシンだった。このマシンは英国のラディカルなるメーカーによって製造されたもので、たった530kgのボディにスズキのビッグバイク「隼」のエンジンを搭載してる。そしてナントこれが市販車。今現在でも、SR4とSR8が日本でもナンバープレートを取得できる。(こっちのエンジンは別物みたい)

そして、特筆すべきはその速さ。このSR3でニュル北を7分12秒。さらに最新モデルのSR8LMが今年8月、ニュル北で6分48秒を出して市販車最速タイムを更新したそうな。マセラティMC12、 エンツォ・フェラーリ、ポルシェ・カレラ、日産・GT-Rといったスーパーマシンの記録は軒並み7分20秒台。どんだけぶっ飛んだマシンかが解りますね。

「ニュル北最速市販車で渋谷を駆る」

正にOAS-Bの本領発揮で、最高にクールな遊びですよね。



さて当日。鯖オープンから15分ほど遅刻してしまったんですが、枠が残りわずかでビビりました。相変わらずの人気ぶりです。そして、あわててJOINしてさらにビビった。「ここ一般鯖?」と思っちゃうほどの豪華メンバーが集まってました。プラクティスでは、鬼っ速な某Gさんにオーバーテイクされるという、またまたトラウマになりそうなシーンがありましたが、レースではお見かけしなかったので気のせいかもしれません(笑。

予選は、渋谷の街に隠れた某Mさんを見つけた者だけがアタックできるという、OAS-B鯖さんならではのルールでした^^; がっ! 災難にも某Mさんが鯖にJOIN出来ないというトラブルに見舞われてしまい、急遽Donさんが代役に。参加者の半数以上が見つけられないというオニチクっぷりの中、幸いにも見つけることが出来て予選は6位。



んでスタート。
591.jpg



オープニングラップは相変わらずのスロースターターっぷりを発揮し、8位後退。リアを滑らしちゃってペースが上がらず、pjmさんにしばらくオラオラされてました。
592.jpg
593.jpg



4周目にそのプレッシャーから開放され、5周目あたりからは4位争いの四つ巴のバトルに参加。いやー、ムチャ熱かったです。楽しませてもらいました。
595.jpg



だがしかし7周目、109を抜けて渋谷駅西口広場へ入るコーナーで、中央分離帯に激突してしまいジ・エンドorz。
596.jpg



ここんとこ連続完走&表彰台でおにちく鯖管さまの歯ぎしりが聞こえてきそうでしたが、今回は再びそのオニチク毒牙にかかりましたorz。今は溜飲を下げていらっしゃることでしょう^^; 優勝は前戦のVaraに引き続きTMJさん。おめでした。次戦の合言葉は「ストップ・ザ・TMJ」ですね!



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:Radical SR3 252bhp
参加台数:22台
予選:6位(57.959)※No timeが12台w
レース:17位(7周目クラッシュリタイア)
ファステスト:10位(58.274)


12/1 JPN-GO鯖様 SGT SUZUKA 08


ワタシの産みの親でもあるJPN-GS鯖さんが再始動したのは周知の通りですよね。それに今回は必ずしも初心者が対象ではないようで、Hetter-Pチルドレンのワタシとしてはぜひ参加したい所だったんですが、LOT鯖さんとのリンクで21時オープンとのこと。時間帯的に参加できる可能性はかなーり厳しく、ショボーンとしておりました。

ところがっ!

Senna-JPさんが、GS鯖さんのスケジュール、レギュレーションに準じた鯖を立ち上げてくださいました。鯖名は一字違いのJPN-GO鯖。コンセプトは練習鯖とのこと。時間帯もオープンは21時なものの、予選は22時から。これならワタシも参加できそう。そんな訳で個人的には練習鯖というよりも、GS鯖さんに参加できない欲求不満を満たしてくださる有難い鯖さんです。極力参加させて頂こうと思ってます。運営がんばってください。



さて当日、ちょっと仕事と私事が重なってしまい、PCの前に座れたのは22時10分過ぎでしたorz。鯖の時間帯的にはちょうど1アタック予選の緊張感が架橋にさしかかってる頃? 練習もロクに出来なかったし緊迫の予選に変な空気も作っちゃうだろうしJOINするかしないか悩みましたが、練習鯖とのことであつかましくもJOINさせて頂きましたスイマセンスイマセン。

JOINして改めて状況を確認すると、予選は残り2分という時間。ちょうど上位ランカーが大トリでアタックしてる時間帯ですね。練習不足なままここに割って入ってアタックするワケにもいかず、そのまま走らずNoTimeに。



グリッドは23番。目の前にはmk-rさん。
「いつものリベンジで今夜はこっちがターミネーターしてやるぜhehehe」と意気込みながらスタート(笑。
574.jpg



しかしS字で接触してしまいコースアウトorz。NSXの方すいません。
575.jpg



ヘアピンでも止まりきれずコースアウトorz。
576.jpg
練習不足でターミネーターどころではありませんでした・・・。



その後は明らかにワタシよりペースが速かったHiromJさんを通せんぼジジイしてたんですが、またまたシケインでやっちまいましたスイマセン。
577.jpg
あさっての方向を向いてしまったワタシですが、



ヒロミ・郷・ジャパンさんの華麗なリードですんなり復帰。THXでした!
578.jpg



2周目1コーナーでもコースアウトして、
579.jpg



復帰する際にスピン・・・。もう涙目状態デスorz。
580.jpg
NSXの方びっくりさせてすいません。上手く避けてくださってTHXでした。



再度の復帰後、後方がDonさんになる。 ・・・えっ? Donさん?
581.jpg



「えっ!!!? ナンデ予選2位だったDonさんが後方に?」
「オラもしかしてスプリント戦でマサカの周回遅れ??」
「ってか何でDonさんがNSX???」




真空管なみにキャパの少ないワタシの脳神経がショートしてしまいました(笑。



周回遅れなら先に行ってもらわねばと思い、道を譲る。
582.jpg
あ~ヨカッタと落ち着きを取り戻し、再度冷静に脳神経を繋げたら・・・



同一周回でしたorz。



「待てルパ~~~ンwww」と必死で追いかけますが、
583.jpg



またまたコントロールを失いスピンorz。
584.jpg



結局19位でチェッカー。
585.jpg



このモヤモヤは恒例のPさんにぶつけました(笑。
586.jpg
数十メートルふっ飛ぶのを見て、おかげ様でスッキリさせてもらいましたが、



Eさんから執拗なイジメに遭いました。
587.jpg
一週間寝込みそうですorz。



しかし・・・、せめてコースアウトやスピンをせずに走れるくらいに練習してから参加しないと、せっかくのオンラインなのに経験値を沢山積めないですよね。ご迷惑も沢山おかけしちゃってすいませんorz。次回はちゃんと練習してから参加したいと思います。



カテゴリ:SGT500
使用マシン:TOYOTA SUPRA
参加台数:25台
予選:23位(No time)
レース:19位
ファステスト:18位(1:58.515)


1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。