スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/29 JPN-Freshman鯖様 Tsukuba


いよいよフレッシュマン鯖さんのSeason1が開幕しました。第1戦はフォルクスワーゲン・シロッコでのワンメイクで筑波。

筑波は初めて走りましたが、1周1分弱の短いコース。そしてコース幅は狭い。高低差はほとんど無いものの、コーナーは多種多様。

そしてマシン。こちらも初めてのシロッコ。パワートレインはFF。挙動もちゃんとFFチックなところが再現されてる。リアタイヤは温まらなくて苦労するくらいだけど、フロントタイヤはすぐに真っ赤になってしまう。



今回はある程度練習してからJOINしましたが、皆さん速い速い。55.5秒以下の方が3人いらしたけど、ワタシ的には信じられません@@; 以下55.5秒から56秒の0.5秒の間は10台が入るという大混戦でしたが、結局55.897で予選10位でした。



以下レースの状況ですが、今回は懺悔しかありませんorz。



オープニングラップ1コーナーではSenna-JPさんに当ててしまいましたすいません。
570.jpg



ダンロップコーナーではnidoneruさんを弾いちゃいましたすいません。
571.jpg



同じくオープニングラップ、コースで立ち往生した際、退避しようとしてバックしてGuzullaさんの進路を塞いじゃいましたすいません。
572.jpg



2周目以降は迷惑かけずに走れたものの、



周回数が15周から20周に増えたのに気付かずガス欠リタイアorz。
573.jpg



つ、次がんばりますorz。



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:VW Scirocco GT24
参加台数:20台
予選:10位(55.897)
レース:20位(16周走ってガス欠リタイア)
ファステスト:11位(56.171)


スポンサーサイト

11/26 OAS-B鯖様 Vara Raceway


ここ最近はちょっと仕事がバタバタしてて21時台の鯖さんに参加する時間も無く、アンド23時台の鯖さんに参加して夜更かしする元気も無く、1人地味にdriving schoolやCustom Championshipを進めてたレオですこんにちは。

さて、OAS-B鯖さまの第9戦は市街地コースのVaraで行われました。ここはGS鯖さんでも経験済みのトラックです。ガードレールに囲まれたカオストラックで、ワタシは当時、クラッシュしてクルーからピットイン指令を受けたり、我が家の総監督(カミさん)から、レース中にまさかの現実の世界へのピットイン指令を受けたりと、某ドS鯖管さまの術中にハマって散々な結果に終わったレースでした(苦笑。



そんな訳で今回はVaraへのリベンジに燃えながらの参戦です。
さあさあ! どんなマシンでも乗りこなしてやるZE!と意気込みながらどんなMODか確認すると・・・



ちょっwww
550.jpg



え???
551.jpg



wwwww
552.jpg
R2はいつから「おとぎの国」シミュレーターになったんでしょうかwww
いやはや、このMODの製作者様のセンスには脱帽です^^;



このダンプMODは「大・中・小」の3種があり、今回はその中の「中・小」が選択可能な設定。「中」を選択した場合は「小」を蹴散らす傍若無人ぶりを味わう事ができ、「小」を選択した場合はもれなく「おとぎの国」の住人になれるみたいです(笑。ワタシは「おとぎの国」の住人を選択しましたw。



鯖JOIN前に30分くらい時間が作れたのでちょっと走ってみたんだけど、このダンプの操作は超ムズいです。全開加速しちゃうと簡単にウイリーしちゃって曲がれない。フルブレーキでギャップを拾うと前転しちゃう。コーナリングでは内側のタイヤが浮きやすく、浮いてしまったら速く走れない。

そんな訳で、はやる気持ちを押さえてゆっくり安定して走らせたほうが逆に速い感じ。ブレーキはハーフブレーキ、アクセルもハーフアクセル、コーナーではオーバースピードで片輪にならないよう、ブレーキポイントはかなり手前。こんな事を心がけた。

そんなこんなで予選を走り、タイムは2:02.429で2位。予想以上に上位に付けることが出来ました。やはり「カメ作戦」が有効と確信。



んでスタート。シュールすぎるwww
553.jpg



ポールのTMJさんが試験勉強の事に気を取られたのか^^;スタートで遅れ、いきなりトップに立つ。
554.jpg



このまま独走か?と思った矢先、4番グリッドからTriumphさんがRSRばりの加速で迫ってきた。
555.jpg



TMJさんも立て直してきて、ワタシ、Triumphさん、TMJさんでのトップ争いに。
556.jpg



高速コーナーでTriumphさんにINを刺されて2位後退。
557.jpg



やっちゃいけない片輪走行をやっちゃってTMJさんにパスされ3位後退。
558.jpg



突っ込みすぎてコースアウトorz。
559.jpg
相変わらずオープニングラップがダメダメでございますorz。まあ、今回も「カメ作戦」なので、ここからあわてずじっくり行こうと気持ちを切り替える。



コースに復帰する間にSavanna7さんにパスされ4位後退。
560.jpg
Varaでは2連続でSavanna7さんと絡むことに。バトルだワーイと喜々として追いかけますが、



Savanna7さんが突然フリーズに見舞われたようで、1人一時停止状態に。ご愁傷様でゴザイマス。
561.jpg
あれかな、歩道橋とか観戦者とか多い所だから負荷が高かったのかな。



こんな感じで色々あったオープニングラップが終わり、jx1srpjz1さんに追われるプレッシャーに耐えつつ3位を走行しながら2周目へ。
562.jpg



ここで、トップを走っていたTriumphさんがまさかの立ち往生をしてて、2位浮上。
563.jpg



後ろの方ではやはりカオスが繰り広げらてたようで、早くも周回遅れの方々が。
564.jpg
565.jpg
戦場のような様相を呈しておりました^^;



3周目も引き続きjx1srpjz1さんと激しくバトル
566.jpg



4周目あたりでそのプレッシャーから開放され、トップのTMJさんを追う事に専念。



6周目あたりではいいとこまで詰めたんだけど、
567.jpg



細かいミスが祟りそのまま2位でチェッカー。
568.jpg



TMJさんポールtoウィンおめ!!!
569.jpg



いやー、カオスを覚悟してましたが、まさかのマジレースを堪能させてもらいました。これでOAS-B鯖さんでは2戦連続で表彰台をゲット。全戦出席させて頂いてるおかげでかなり鍛えられてるのかもしれません^^; 



カテゴリ:Caterpillar 797B Medium&Mini
使用マシン:Caterpillar 797B Mini
参加台数:16台
予選:2位(2:02.429)
レース:2位
ファステスト:1位(1:59.726)


11/20 JPN-Freshman鯖様 Valencia GP,2004


先日テストでお邪魔したJPN-999鯖様が、鯖名を“JPN-Freshman”に改められました。今回はエキシビジョンとのことで、M3によるワンメイクレースが行われました。今後の運営もワンメイクを基本とされていくとのこと。現実のレースでも、フレッシュマンと言えばワンメイク。若手の登竜門的なレースですよね。そのような性格の鯖運営を目指しておられるようです。ちょうど一般鯖さんとGS鯖さんの中間的な位置づけの鯖さんになるのかな。個人的にもちょうどそのような位置にいますし、22時台に運営されるとのことで、時間帯的にもマイベストタイムです。今後も積極的に参加させて頂こうと思ってます。よろしくお願い致します。



さて、舞台はバレンシア。前日はOAS-B鯖さんに参加してたこともあり、今回は事前練習ナシです^^; でもまあ以前から結構走ってるトラックなんですけどね。実はここでは、過去GS鯖さんでポールポジションを頂いてます。その時のタイムが1:34.708。せめてこの前後までいけたらなーと思いつつ予選を走りました。最終的に出したタイムは1:34.637。かろうじて以前のタイムを上回りましたが、予選結果は5位でした。2位~4位は当時のレースにも参加されてた方々。皆さんメキメキ速くなってますねorz。

LOT鯖さんの四代目シーズンチャンプがテストに引き続き貫禄の連続ポールポジション。以下はGS鯖一期生が続きます。2位は、「私、脱いだらすごいんです」系、イコールコンディションだとムチャ速のTMJさん。3位は、いつでもどこでも速いArenaさん。4位は、背後に付かれたら超脅威、mk-rさん。そしてワタシの直後6位は、予選タイムが僅差になる事が多いDonさんと続きます。



いざスタート
543.jpg



周りでは多少混乱があった模様で、オープニングラップは4位通過。
544.jpg
前の3台が速い速い。3位のTMJさんに必死で付いて行こうとしましたが、結局5周目あたりからじりじり離され始めちゃったな。脱帽デス。



直後の5位はテストに引き続きnidoneruさん。3周走った時点で約2秒半のマージンを築けたので一安心してたんだけど・・・



4周走った時点で約2秒差・・・

5周走った時点で約1.5秒差・・・

6周走った時点で約1秒差・・・



某ターミネーター氏を彷彿させる機械のような精密な走りでじわじわプレッシャーをかけてきた@@; しかしここは抜きどころの少ないバレンシア。たとえ背後に付かれようとも、妖怪とうせんぼジジイと化して立ちはだかろうと自分に言い聞かせる。



がっ!!!



7周目、背後に付かれる前からプレッシャーに負けてコースアウトorz。
545.jpg
俺の根性ナシー!



直後のコーナーでサイドバイサイドになり、
546.jpg



立ち上がりの加速勝負を取られました。これで5位後退。
547.jpg
ワタシの中の、「ぼくを精神的に追い詰める怖い人リスト」に、2人目としてnidoneruさんの名が加わりました。ちなみに1人目は予選4位の人ですw。



その後9周目からゴールまでは、再び鬼のように速い方に見る見る詰められますが、約7秒とたっぷりマージンがあったので、なんとかそのまま5位でフィニッシュ。
548.jpg



ゴール後はその鬼っ速な方に豪快にカマを掘られて、テストに続き2戦連続で駆動輪全部パンクwww
549.jpg
いやー、追われるプレッシャーばかりで精神的にきついレースでしたが、今回も楽しませもらいました。いつかワタシも追う側になってみたいと夢見ながら、精進していきたいと思いマス。



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:BMW M3 GTR
参加台数:20台
予選:5位(1:34.637)
レース:5位
ファステスト:8位(1:35.078)


11/19 OAS-B鯖様 Raleigh Park Figure 8


OAS-B鯖さんの第8戦はこんなトラックで行われました^^;
531.jpg
1周約20秒という超短い8の字。クロスする部分は立体交差ではなく、ナント交差点になってます(汗。もちろん信号もありませんw。衝突必至のOAS-B鯖さんらしいカオストラックですね@@;

どんなことになるのかと、直前にちょっとだけAIと模擬レースしてみた。そこで思ったんだけど、交差するマシンの動きを予測してある程度は回避できるんですよね。自分の方が早いと判断すれば加速、遅いと判断すれば減速、それでも足りなそうならステアを使い回避可能。

ただこれがマルチではどうかと想像を膨らませると、交差する相手がどういったリアクションを取るのか予測するという要素も入ってきて、難易度は上がりそう。同じように進入してきて、相手も自分も同じ判断をしたらぶつかっちゃいますよね。また、例えば目の前でクラッシュが発生した時など、想定外の状況が発生した際の判断もかなり難しそう。

とまあ、やはり衝突は避けられないだろうなーと思いつつも、空間把握とか、動体視力とか、判断の早さとか、反応速度とか、相手の動きの予測とか、集中力とか、色々駆使すれば減らせるかなーと思いました。これらの要素って、実はバトルでも重要な要素なんですよね。もしかして鯖管さまはオニチクなふりをしながら、実はバトルに強くなれるよう鍛えてやろうとしてくださっているのではないかと思ったり^^;



今回の使用マシンは996 Porsche GT3-RSR (Nascar Skin)というワンメイクのMOD。
コクピ周りはデフォRSRと同じ?
532.jpg
RSRのスキンパックですかね? ただ、サイドウィンドウにネットが張ってあって、コクピ視点だと左側の視界が非常に悪い。空間把握こそ最重要なところにこれでは左側の把握が厳しいので、



ボンネット視点にしちゃいました^^;
533.jpg
いろんなブログを拝見してると、この視点でレースをされてる方もけっこういらっしゃるようですね。ワタシは初めてで、特に車幅の感覚をつかみづらくて違和感があったけど、トラック自体は単純なトラックなのでなんとかなりそう。これでいくことにしました。



そんなこんなで鯖JOIN。あまり重視しなかった予選はレポ省略w。ちなみに23台中14位でした。



さてレース。今回はまずは懺悔ですorz。



footarohさん、INからはじき飛ばしちゃいました。すいませんでした。
534.jpg



TMJさんと接触してしまって(これはレーシングアクシデントかと思いますがすいませんでした)180度回ってしまい、Hetter-Pさんにぶつけてしまいました。すいませんでした。
535.jpg
しかしこの時!



HiromJさんがマシンにダメージを与えない最小限の当て方でコツンと当ててくださり、
536.jpg



さらに180度回転。何事も無かったかのように戦列に復帰できました@@;
537.jpg
超クール! さすがヒロミ・郷・ジャパン!



EdbergMTさん、リアを小突いて回してしまいました。すいませんでした。
538.jpg



TMJさん、チキンブレーキで道塞いじゃってすいませんでした。待ってて頂いたようで申し訳なかったです・・・。全然待つ必要ないっすよ!
539.jpg



footarohさん、交差点での接触すいませんでした。
540.jpg
同時に進入→減速→加速と、カンペキ息が合っちゃいましたorz。



Savanna7さんとSMaSHさん、上記事故でワタシが路上にいたおかげで計算が狂ってしまっての事故かと思いますorz。すいませんでした。
541.jpg



EdbergMTさん、交差点で追突してしまいました。重ね重ねすいませんでした。
542.jpg



とまあ、「激・突・必・至」レースだったとはいえ、皆さまには沢山ご迷惑をおかけしましたorz。そんなこんなで皆さんを踏み台にしながら、結果は完走! 3位表彰台ゲット! ワーイワーイ(←もっと反省しろ)

今回はファステストも23台中18位と、スピードは完全に捨てました。バトルも捨てて、後ろに付かれたらINを開けて「どうぞ行ってください」って感じで、すべての集中力は交差点通過に費やしました。158回?交差点に進入して、接触を上記2回に押さえられたのはワタシとしては上出来だったと思います。

リザルトを拝見したら完走した10台の中でピットインもスローラップも無かったのは2位だったMinamiさんとワタシだけでした。運の要素も大きかったですがこれはムチャクチャ嬉しかったです。しかし・・・、1分以上ピットインしながら優勝された(|'ω'|=3 ミョェー )←このお方は変態だと思いますw。おめでとうでした!



カテゴリ:ワンメイク
使用マシン:996 Porsche GT3-RSR (Nascar Skin)
参加台数:23台
予選:14位(21.672)
レース:3位
ファステスト:18位(22.047)


11/17 JPN-MYS鯖様 Macau 2005 GP


Elise vs Porsche vs Vertigoでのマカオ。
マカオは有名な市街地コースですし、いつか走ってみたいと思ってたんですよね。
520.jpg
コース図はご覧の通り。海側は道幅が広いストレートセクションなんだけど、山側は道幅が狭いクネクネセクションになってる。ここがすんごい難しい。コーナーが複雑に絡み合ってて、1時間やそこらの練習では攻略し切れませんでしたorz。



とてもじゃないけどマトモに走れるレベルまでいかなかったので、参加するかしないか悩んだ。でもまあ、市街地コースってカオス祭り的な雰囲気もあるじゃないですか^^; とりあえずどんなもんなのか知るだけでも経験になるだろうし、やっぱマカオ走ってみたかったし、半ば観光気分で参加させて頂きました。ただ、大きく人様に迷惑をかけてしまいそうな場合は即Escボタンを押す事を頭に入れておきます。



予選は1アタック。一応クルクルせずに回れましたが遅い遅い^^; ただ、思ってた以上にNo timeの方が多くて、21台中12位と、想定外に前になってしまった(汗。
521.jpg
後方にはビッグネームな方々も複数いらっしゃった。自分もNo timeにしとけばヨカッタと少し後悔orz。とにかく人様に迷惑をかけないようにと今一度自分に言い聞かせる。



オープニングラップは、
522.jpg
523.jpg
こんな感じでぶつけながらでしたが、なんとか生還^^;



エリザベス号との2ショットも撮れた! 正に田舎の観光客丸出しでスイマセンスイマセン^^;
524.jpg
もちろんこれはバトル中ではなく、ミスしたところをオーバーテイクされただけなんですけどね。将来はガチのバトルが出来る事を夢見て精進していきたいと思います。



2周目はハーフスピンorz。直後の方が上手くすり抜けてくださってたすかった。すいませんでした。
525.jpg



3周目は順調に走れて、



4周目は2回ハーフスピンorz。しかしこれは2回とも単独でセーフ。
526.jpg
527.jpg



そして5周目、またまたスピンorz。これも直後の方が上手くすり抜けてくださってたすかった。すいませんでした。しかしホント猛者ぞろいだなあ。
528.jpg
ただこの時はハーフスピンどころじゃなくて、このあと180度回っちゃった。スピンターンで迅速な復帰を試みるものの、



こんな状態にorz。
529.jpg
ブラインドコーナーだったし、モタモタしてたら後続の方に大きく迷惑をかけると判断。ここでEsc。その後はまたまたモニターでバトルを観戦させてもらいました。



人様に細かくはぶつけちゃってるんですけど、致命的なダメージや遅れを与えてしまう事は無かったと思われるのでよかったです。マカオの雰囲気も知ることが出来たし、結果はダメダメでしたが収穫は大きかったです。次はマトモに走れるようにしてバトルを楽しみたいと思います。



カテゴリ:Elise vs Porsche vs Vertigo
使用マシン:Lotus Elise
参加台数:21台
予選:12位(2:32.462)
レース:18位(5周目でEsc)
ファステスト:16位(2:35.210)


11/16 JPN-999-test鯖様 Imola GP,2004


Hetter-Pさんのブログで、今後鯖管デビューを予定されている方が鯖テストを実施されるという情報を知り、僭越ながらお邪魔させて頂きました。

テストという事で、当初は誰も乗りそうもないマシンを選び鯖に負荷をかけつつ^^;、気楽に参加させて頂こうかなーと思ってました。

ところがっ!!!

ArenaさんがYouTubeにUPされた動画がワタシのハートに火をつけた! イモラをM3で走らせてナント47秒台の動画! 急遽方針転換でガチモードに変更です(笑。さらにこの頃、HiromJさんが初ポールを獲得されたり、TMJさんが初優勝されたりなんて情報が飛び込んできてて、これも火に油を注いでくれました。やはり同期の皆さんの活躍は刺激になりますね。感謝感謝です。

そんな訳で日曜日の夜は全部イモラの練習に注ぎ込みました。準備万端でスイマセンスイマセン^^; 今までのベストはMYS鯖さんで出した48秒台後半。あと1秒を探すべく、Donさんのイモラ攻略記事を再度熟読したりしつつ必死で練習。ショートカット判定にならない範囲でコースを大きく使うラインを突き詰めていったりして、おかげ様でワタシも何とか47秒台が出せるようになってきた。こんな感じで当日を向かえます。



JOINさせて頂くと、Hetter-Pさんが宣伝されていた事もあり、GS鯖さんでお見かけした方々の多くが参加されてました。また、それに加えてビッグネームな方々も多数いらっしゃった@@! そのメンバーの豪華さにイキナリ緊張の虫がうずき始めます(苦笑。

そんな中での予選、「落ち着け俺!」「落ち着け俺!」と言い聞かせながら、レコードラインをトレースする事に集中しようとします。しかし予選序盤はドキドキは止まらないわ雑念は入ってくるわで練習の走りは再現できず、49秒を切るのがやっと。完全に名前に圧倒されてましたね^^; それでも後半は何とか集中力を切らさずに走れたラップがあって、タイムは最終的に1:48.107。47秒台は叶いませんでしたが、ビッグネームな方々の多くがマシンや走りを自重されてて、予選2位という出来すぎの結果となりました。



いざスタート。
512.jpg



オープニングラップはそのまま2位通過。
513.jpg
トップのpさんには離されるセクションはあるものの詰めれるセクションもあって、トータルでは何とか付いて行けた。後ろからはnさんとGさんもキッチリ付いてこられてた。しかし意識すると手がプルプル震えだすのであまり深く考えない事に^^;



このままの状態で向かえた3周目。pさんが若干膨らんでしまわれてトップに立つ。
514.jpg
深く考えない深く考えない深く考えない深く考えない(笑。



その後5周目まで、常にnさんからのプレッシャーにさらされる事に。ミスしたら負けな神経戦の様相。深く考えないと言い聞かせつつも、実はムチャクチャしびれてました^^;
515.jpg



6周目、nさんとpさんがサイドバイサイドになったりしてバトルされてて、その隙にちょっとだけマージンを築けた。
516.jpg



そしていよいよファイナルラップに突入。2秒ちょいのマージンがあったのかな? アクアミネラリなど、難しいコーナーではマージンを使って余裕を持たせたコーナリングをしようと心がける。しかしコース後半、「優勝」の二文字が頭にちらつき始めた途端、雑念がドドドッと押し寄せてきてしまう。



集中力を欠いてコースオーバー(汗。修行が足りませんねorz。
517.jpg
しかしマージンのおかげでギリギリセーフ。グラベルまでいかなくてホントーによかった^^;



そんな訳でなんとかトップでチェッカー。
518.jpg
ワタシにとっても忘れられない記念すべきレースとなりました。



ゴール後はもう少し喜びを表現したかったんですが、(|'ω'|=3 ミョェー )←このお方に豪快にカマを掘られて駆動輪全部パンクしちゃいましたwww。
519.jpg
皆さまからは沢山の祝福を頂きました。ありがとうございました。皆さまお疲れ様でした。



最後になっちゃいましたが、calcio999さま、鯖THXでした。おかげ様で何の不具合も感じずに快適に遊ばせてもらいました。今後の鯖立ても期待しております。がんばってくださいー!



カテゴリ:G2+G3+NGT (C5Rを除く)
使用マシン:BMW M3 GTR
参加台数27台
予選:2位(1:48.107)
レース:1位
ファステスト:1位(1:48.073)


11/12 OAS-B鯖様 Istanbul GP


4840.jpg
前日の鯖テストで、「憑く」とウワサされていたAさんの憑依を実体験したレオですこんにちは(笑。



さて、OAS-B鯖さんの第7戦、トルコ・イスタンブール。
今回はOAS-B鯖さんではまさかのマジレースでした。それもプチ耐久!

・Track: Istanbul GP
・Car: SGT500 + Japan GT Legends 500 (Supra Fuel Fix)
・Laps: 16 / Standing Start
・Tire: x3
・Fuel: x3
・Wether: Changeable
・Failures: Time Scaled
・Practice1: 15min
・Qualify2: 10min(1アタック)
・Warmup: 5min

SGT500を使用して、タイヤの消費と燃料の消費が共に3倍で、全16周という設定。
その意図するところは、「SGT500はまだまだ苦手な人が多いみたい。」ってのと「たまには本気レースしようぜ!」という鯖管さまの粋な計らいでした。そんな訳でワタシも可能な限り事前準備の時間を作って望ませてもらいました。



まずは使用マシン選択。無難にこれしか使った事が無い信頼のスープラで即決^^;

次はイスタンブールのコース攻略。GTCさんのイモラ用のスープラセッティングを参考にさせてもらいながらセットUPしました。THXでした。
485.jpg
このトラックは初めて走るコースです。イマイチ好きになれないティルケ作だけど、最高傑作と呼ばれてるだけあってここは好きになりました。走りごたえがあって楽しいですね。特に噂に聞いていたターン8はやはり難しい。変則的な多角形でアンジュレーションもあって、アクセルワークが超ムズい。複数のF1ドライバーが「シーズン中、最高難易度のコーナー」と評してるだけありますね。何とかコースアウトせずにコンスタントに走れるようになったところで、レースペースは1分50秒ちょい。燃料満タンで全開走行しての走行可能周回数は9周でした。

タイヤは、ソフトだと全然ダメ。4周くらいしか持たないorz。ミディアムなら何とか9周走れるけど、9周目は全然グリップしなくなる。ハードは、タイムが遅くなりすぎるんじゃね?と思って試さなかった。

結果、8周+8周でタイヤは共にミディアムで行く事にケッテイ。いよいよ当日。



◆予選

1アタックだった。ほぼ自己ベストに近い47秒台が出て満足の5位。
486.jpg



◆1周目~3周目

いざスタート
487.jpg



1コーナーは4位で進入。チキンブレーキでnさんを詰まらせてましたスイマセンorz。
488.jpg



長いことbさんと鯖管さまが2位争いのバトルしてた。バトルしてたから何とか付いて行けた感じ。特等席で堪能させてもらいました。
489.jpg



◆4周目~5周目

前方のバトルが落ち着き2人ともレースペースが上がる。結果、付いて行けなくなるorz。
490.jpg



そして後ろからは、Mさんと、GS鯖さんでは基本ベルティゴに乗ってらしたDさんがハイペースでランデブーしながら詰めてきた@@;
491.jpg
Dさんは「私、脱いだらすごいんです」って感じで、イコールコンディションのマシンに乗られるとムチャ速いんですよね。



Mさんがターン8をワタシよりも高速で抜けて一気に詰めてきた。
492.jpg
クゥ~、いつか逆の立場やってみてー!



立ち上がりで並ばれ、
493.jpg



次のS字を見事に取られました。サスガ!
494.jpg



そして続けざまにバックストレートでDさんが襲ってきた@@;
495.jpg



直後のコーナーでサイドバイサイド
496.jpg



最終コーナーを取られて6位後退。
497.jpg



◆6周目~9周目

タイヤマネージメントどころではなく必死で走ってたので、6周目に入った時点ですでに右フロントタイヤがヤバいorz。
498.jpg



8周目に入った時点でこんなんorz。
499.jpg
後ろからはこれまたGS鯖さんでピンクのRS縛りだったTさんにじわりじわりと詰められててアセッタアセッタ。



8周目周回後、予定通りピットイン。
500.jpg
5位のDさんは9周目でのピットインを選択した模様。4位のMさんはピットインしてた。



◆10周目~15周目

1人淡々と周回し、10周目に入ったホームストレート。1周遅れてピットインされたDさんがちょうどピット作業を終えてコースに復帰する直前だった。ここで5位浮上!
501.jpg



そして、はるか先を走ってると思ってた4位のMさんが視界に入る。
502.jpg



けっこう長いこと付いて行くことが出来た。何かトラブルを抱えてらしたのかな?
503.jpg



しかし13周目、再び本来のMさんに戻った感じで、再びじわじわ離されていくorz。
504.jpg
おまけに後ろからは再びDさんが近づいてきた。気が抜けねー!



◆16周目

いよいよファイナルラップ。前半と同じくタイヤはもうズルズル。バックストレート手前のS字でいよいよDさんがワタシをロックオン@@;
505.jpg



バックストレートエンドでこの差。鬼ブレーキングでOUTから仕掛けてくると思ったので、IN・IN・INのインキープで小回りしようと思ってたんだけど・・・
507.jpg



タイヤが終わっててズサーーーしちゃったorz。
506.jpg
「ヤバイ、Dさんにぶつけちゃうぅ」って思ったけど、



見事にクロスラインでかわしてくださった。スイマセン&THXでした。
508.jpg
しかしこれも逆の立場ヤリテー!



これで6位後退。
509.jpg
ところが!



Dさんが最終コーナーで膨らんでしまわれたようで、タナボタで5位に返り咲き@@
510.jpg
ごちそう様でございましたm(_ _)m



そのまま5位でチェッカーとなりました。
511.jpg



いやー、おかげ様でバトルがいっぱいの楽しいレースでした。抜かれてばかりでしたけどw。しかし・・・、上位3人はレースペースも47秒台と驚異的だったな@@; どうやったらそんなタイムが出せるんでしょうか。今のワタシには変態としか思えません(笑。



カテゴリ:SGT500(Supra Fuel Fix)
使用マシン:TOYOTA SUPRA
参加台数17台
予選:5位(1:47.833)
レース:5位
ファステスト:8位(1:49.663)


11/10 JPN-MYS鯖様 Valencia GP,2004


484.jpg


使用マシン:Lotus Elise
参加台数22台
予選:1アタックでスピンしてNo time(グリッドは17番)
レース:5周目で燃えてリタイア22位
ファステスト:16位(1:40.942)



気温が高い中、エリーゼでラジエターダクト2では燃えることを学習したレオですこんにちは(苦笑。あとレース中はスピンしたりして御迷惑をおかけしましたorz。やっぱデフォトラックでもしっかり時間を作ってキチンと練習してから望むべきかと感じる今日この頃・・・。


今回は初めてElise vs Porsche vs Vertigoというカテゴリのレースに参加させてもらいました。やはり想像してた通り楽しかったです。3種のマシンがイコールコンディションに調整されててワンメイクレースのような感じ。そしてG3クラス相当の非力なマシンなので、「マシン性能」よりも「操縦技術」や「セットUP能力」とかが前面に出ると思う。(あたりまえか^^;) リタイア後はモニターでレースを楽しませてもらいましたが、そこかしこでバトルが繰り広げられてた。ワタシが走ってたわずかな時間でもサイドバイサイドとかって状況に普通になってた。

これはバトルが苦手でもっと慣れたいワタシにとってはうってつけのありがたいMODですね。今後も極力参加させて頂こうと思ってます。

11/8 JPN-LOT鯖様 Zhuhai GP, 2004


昨日は9時半前にPCの前に座れて、LOT鯖さんの告知を拝見したらデフォトラックで、しかもグリッドもギリギリ空きがあったという三重の幸運に恵まれて、初めてLOT鯖さんにお邪魔させて頂きました。

GS鯖さんでのズーハイではRSRに乗りましたが今回はM3をチョイス。あまり時間が残ってなかったプラクティスと予選前半では必死でコースの思い出し作業。RSRでのベストが35秒台前半でしたが何とか34秒台へ持っていくことが出来ました。

ところが、この辺から鯖に不具合?が発生したみたい。そういえばモニターの予選順位表示やXDの順位表示がおかしいことになってたな。そこでGS鯖の鯖管さまが代理鯖を立ててくださることになりました。



予選は省略されグリッドはログイン順に。3番手スタートでしたスイマセン。
481.jpg



オープニングラップは混乱があり6位で通過。ぶつかってしまった方々すいません。5位で向かえた3周目、



ブレーキポイントにしてた看板を1個間違えてしまうorz。2台に抜かれ7位。
482.jpg
まあお二方共レースペースが速かったのでいずれは抜かれてたでしょう。



4周目に6位になってからは展開も落ち着き1人旅の様相。「このままの展開で終わりそうだなー」と思ってた8周目、残り5周のところで後ろがGS鯖さんで同期だったmさんに変わる。その差約7秒。

mさんの速さは知ってるつもり。しかし残り5周で7秒はサスガに安全圏だろーと思ったんだけど・・・、



9周目、残り4周のところで約5秒差・・・。



10周目、残り3周のところで約4秒差・・・。



11周目、残り2周のところで約2秒差・・・。



細かいミスがあった周回では2秒詰められ、その上さらにノーミスだった周回でも1秒詰められた。mさんの速さはワタシの想像を超えてました@@;



(この時のワタシの脳内)

「m氏はゼッテーしくじらねえ・・・」

「こっちがしくじったらゼッテー殺られるっ」

「でも俺がしくじらなければゴール直前で背後に付かれるだけだ」

「そう、俺がしくじらなければ・・・」

「しくじらなければいいんだ・・・」

「しくじry」




そしてファイナルラップに突入。残り1周でその差約1秒。






やっぱりしくじったorz。orz。orz。
483.jpg



いやー、改めてmさんの強さを思い知らされたレースでした。同じトラック、同じマシンでレースペースに1秒の差があったのはちょっと衝撃的。修行不足を痛感しました。この刺激を糧にさらなる精進をしていきたいと思いマス。

最後になりましたが初めてお邪魔させてもらったLOT鯖様、どうもありがとうございました。今後もタイミングに恵まれたらお邪魔させて頂きたいと思います。そして、代理鯖を立ててくださったHetter-PさんもTHXでした。

11/5 OAS-B鯖様 Avus 1967


OAS-B鯖さんの第6戦。Avus 1967。

いやー、今回も楽しませてもらいました。今回は何がすごいって、何よりも鯖管さまのエンターテイナーっぷりですね^^; 下記がプログラムだったんですが、、、



プログラム1ばん.コース内外散策 (デートおk)

プログラム2ばん.かくれんぼ (負けたら大ダイブ大会の特攻隊長)

プログラム3ばん.取って付けたような予選5分

プログラム4ばん.取って付けたようなレース3周

プログラム5ばん.大ダイブ大会 (=三代目ダイバーキング襲名戦)




もはやレースはオマケみたいなwww。

いや、レースはレースでちょうどいい時間割りで楽しかったんですけどね^^; しかしここまでGTR2の楽しみの幅を広げてくださっている方もそうはいないでしょう。Donさんはもう何かしら夢を売る職業に就くのが日本のためかと(笑。



これが今回のトラック、Avus 1967のコース図@@;
466.jpg
ギャグのようなレイアウトですが、これでもF1が開かれたこともある由緒ある実在コースなんだとか。(Donさん談)



SGT300で1分前後かかる長~~~いストレート2本が、



このヘアピンと、
467.jpg



このバンクにより結ばれてるのみのコースです^^;
468.jpg
ちなみに左手に見えるスロープは地下通路となっていて、車で通ることも可能です。



さて、ワタシは残念ながら私用で遅れて散策はあまり出来ず、主にかくれんぼから参加させてもらいました。このトラックは地下通路ばかりではなくすごく凝ってて、コース外のディテールが非常に良く出来てます。だからこそかくれんぼなどという破天荒な企画が成立しちゃう訳ですね。

「もーいーかい」
「もーいーよ」
「見つかったorz」

改めてブログの記事として書いてみると超恥ずかしいですが^^;、いい年こいた(失礼w)大人達が童心に返ってました(苦笑。ワタシも負けじと「捕まえてごらんなさーい」とか発言しながらwktkしてたんですが、、、



ルールを勘違いして該当エリア外に隠れてしまいましたスイマセンorz。
469.jpg
おかげで誰にも見つけてもらえずショボーンでした・・・。



レースの方はダイジェスト的にお伝えすると、



スタート直後にユンポル勢が段違いの速さで抜け出したり@@;
470.jpg
ユンポルの直線の優位性を目の当たりにできたなー。



藁束を運搬しながらのユンポルの方にオーバーテイクされたりw
471.jpg



現ダイバーキング様の豪快ダイブを特等席から堪能したりwww
472.jpg



前戦で鯖管さまに恩があったのに仇で返してしまったりorz
473.jpg



バンクを曲がりきれずに吹っ飛んだり、
474.jpg



ゴール後にGS鯖の鯖管さまをボコボコに胴上げしたりとw、
475.jpg
いつも通りのハチャメチャを楽しませてもらいました^^;



そして最後は大ダイブ大会。



かくれんぼで負けた現ダイバーキング様(笑)を先頭に死地(バンク)に赴く戦士たち。
476.jpg



さあいよいよだ!
477.jpg



あ~れ~www
478.jpg
479.jpg



いちばん飛んだのはユンポルの某Sさんですかね?
480.jpg
某Sさん! 新ダイバーキング襲名おめでとうございます!!!

(※追記)どうやら停止地点での計測ではなくてキャリーでの計測だった模様ですスイマセン^^;
某bさん! 新ダイバーキング襲名おめでとうございます^^;;;

GTR2動画のキャプチャ・エンコ・UP


(※注)ワタシの動画スキルは初心者クラスです。また、主に情報収集したのはかなり前です。誤った記述や遅れてる情報もあるかもです。興味をお持ちの方はあくまで1例として軽~く読んでやってください。動画プロの方のアドバイスお待ちしてます。



ここではワタシがどうやって動画をキャプってブログにUPしてるかをメモっときたい思います。



【①.キャプチャソフト選択】

「アマレココ」「カハマルカの瞳」など有名なフリーソフトは多々ありますが、GTR2動画をキャプる場合はDirectXゲーム対応のキャプチャソフトが必要みたいです。代表的なのは「Fraps」「DxCapture」「Dxtory」あたりでしょうか。

「Fraps」が最も評価が高く定番でしょうか。ただしこのソフトはフリー版だとロゴ有りで30秒までしか撮れません。有料版ならロゴ無し時間無制限になるようです。抜け道として、ver2.0.0という旧版ならフリーでもロゴ無し、時間制限無しらしいです。しかし公式にはもう配布されてません。ググって別所からいくつか落としてみたものの、どれもセキュリティソフトが激しく反応してしまいました。

「DxCapture」はフリーでロゴ無しなのが魅力です。最初はこれに決めようかとDLして試してみましたが、ワタシの環境だとどーも動きが重くなってしまいます。録画の際ののリプレイ設定は出来れば高画質設定にしたいところですが、それでキャプろうとすると動きが非常にカクカクしてしまい使えませんでしたorz。

「Dxtory」はフリーだとロゴ有りですが、軽さに定評があります。DLして試したところ、多少カクカクする部分が出るものの許容範囲です。そんな訳でこれに決めました。オフラインでしか試してませんが、レースをしながらの生録画でも、FPSは落ちますがマシン操作にそれほど支障はきたしません。(マルチでは迷惑をかけるのが怖くて試してませんが^^;)



【②.エンコードソフト選択】

キャプチャソフトで生成されるファイルはかなり巨大なファイルになってしまいます。保存に耐える為にも、動画共有サイトにUPできるようにする為にも、エンコードする必要があります。エンコードソフトも多々あります。正直どれがオススメなのかよく解ってません。キャプチャソフトとの相性なんかも考慮する必要がありそうです。ワタシの場合、当初「MediaCoder」というソフトを使ってみましたが、「Dxtory」で作成したaviファイルを認識出来ませんでしたorz。2番目に導入した「AviUtl」では認識出来たので今はこれを使ってます。

「AviUtl」は非常に拡張性が高いソフトです。様々なプラグインを導入することにより様々な機能を有することが可能です。ワタシもソフト単体だけでなくプラグインも導入してエンコードしてます。その辺の詳細はまた後で。



【③.動画共有サイト選択】

これも正直どれがオススメなのかよく解ってませんスイマセンスイマセン^^; 「YouTube」「zoome」「ニコニコ動画」なんかが有名なのは周知の通りですよね。ワタシはなんとなく「YouTube」を使ってます。



(※こんな感じで、「Dxtory」→「AviUtl」→「YouTube」という流れが決まりました。以降はこの組み合わせに沿った各種設定になります。別の組み合わせにした場合はベストな設定も変わってくるかと思います。)



【④.ウィンドウサイズの設定】

「YouTube」の場合、表示画質にノーマル画質とHD画質の2種類があります。出来れば高画質動画にしたいのでHD画質で再生できるよう設定してます。こちらに載ってますが、解像度は1280x720の16:9がHDの基準となるようです。

ところが、ワタシのモニターは1680x1050の16:10。フルスクリーンモードでは比率が合いません。また、フルスクリーンモードでは録画中なのか録画待機中なのかの視認も出来ません(設定によっては可能ですが)。よって録画の際はGTR2をウィンドウモードで立ち上げてます。操縦しながらの生録画では大きい画面でやりたいので、1600x900のサイズでプレイしながら録画時に80%圧縮する設定にして1280x720の動画を作ってます。(1280x840の16:10でもHD画質になるのかは未確認)

リプレイの録画なんかでは最初からGTR2を1280x720のウィンドウで立ち上げて非圧縮録画した方が画質は良いのかな(未確認)。昔UPした動画はこの方法で作りました。ちなみにワタシの環境ではConfigure GTR2を立ち上げた際の解像度選択リストに1280x720のサイズは無かったので、NVIDIAコントロールパネルから新規にこのウィンドウサイズを作成しました。

また、録画時のサイズは気にせず、エンコード時にリサイズする方法もあるかと思います。ワタシは試した事が無いので省略です。この方が画質劣化が少ないのであれば試したいところですがどうなんだろう。



【⑤.Dxtoryの設定】

導入や基本知識などは主にこちらを参考にさせて頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m

ワタシのビデオ設定がコレ
454.jpg
スケーリングが80%になってますが、前述の通りGTR2を1280x720で立ち上げる際は100%にしてます。コーデックが「YUV24 - 高品質」となってますが、さらに上だとマシンパワー的に厳しい感じ?だったのでこれでやってます。フレームレートはいくつが良いのか解ってませんがとりあえず30で。


オーディオ設定
455.jpg
ワタシの場合、ボリュームはもう少し下げた方がいいのかも。


ディスプレイ設定
456.jpg
やはりマシンパワー的に厳しいので、少しでもカクカクを減らすよう全部切っちゃってます。録画中・録画待機中の確認はウィンドウモードならタスクバーのアイコンで確認できます。



【⑥.AviUtlの設定】

「YouTube」へのUPを前提とすると、H.264というコーデックでエンコするのがオススメみたいです。(MPEG4の一種らしいですがよく解ってません^^;) よってAviUtl本体と、H.264出力用のプラグインを導入しました。

導入は主にこちらを参考にさせて頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m また、前述のwikiにもAviUtl関連の記述があって参考になります。


AviUtlを起動、エンコ対象ファイルを開き、「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張x264出力」をクリックして、
457.jpg


「ビデオ圧縮」をクリックした所で、
458.jpg


細かい設定をすることが出来ます。
459.jpg
正直細かい所はよく解ってませんorz。満足いく動画を作成するならここで試行錯誤しなきゃダメみたいですね。ただ、ワタシのような人用にありがたい機能があって、


上の方にプリセットがあります。これで一括設定してくれるみたいです。
460.jpg
ワタシはこれの「高画質」を選択してます。ニコ動の場合は下の方に専用プリセットがありますね。


作成する動画のビットレートについてはYouTubeのガイドラインには記述がありませんが、3000kbps~5000kbpsあれば高画質動画として十分みたいです。いずれにしてもYouTube側での再エンコで2000kbps前後になってしまうみたいですね。



【⑦.YouTubeへのアップロード】

これは特に難しい事は無いかと思います。アカウント作成からUPまでガイドラインに従っていけば難なく可能です。ファイルサイズは2GBまでです。



【⑧.ブログへの貼付】

これも難しい事はありませんね。表示される埋め込みコードを作成中のブログの本文にコピペするだけです。


ちなみに埋め込みコードの右側をポチっとすると、サイズやフレーム色などをカスタマイズ出来ます。
461.jpg


さらに、サイズをもっと小さくしたい時など、下の画像の赤線部分を手打ちで変更すれば自由自在です。
462.jpg



【⑨.まとまってないまとめ】

以上がワタシのキャプ~UPまでの流れです。今後の課題としては、昼間見る分にはいいんですが、夜見ようとするとワタシの動画って重いんですよねorz。自分の環境では再生にDLが追い付きません・・・。皆さんもやっぱそうです? HD画質の事を説明しておきながら最近ではノーマル画質で軽い方がいいのかなと思ったり(苦笑。

ちなみに一番新しいWinter Dragonのファイルは、


これがDxtoryで作成した元ファイル。
463.jpg
14.4GB。ビットレートすげえな@@;


AviUtlでエンコ後のファイル。
464.jpg
194MB。


YouTube側での再エンコ後のファイル。
465.jpg
57.8MB。


こんな感じになっちょります。今後目指すは「画質がそこそこ良くてしかも軽い動画」ってとこですね。プロの方のアドバイスお待ちしておりますm(_ _)m



※追記
【⑩.編集について】


中には動画作成の工程の中に「編集作業」を入れてより完成度の高い動画を作成していらっしゃる方もいます。ワタシはまだ食わず嫌いで手を付けてません^^; 編集が出来るようになればより一層動画作成の幅が広がりますよね。

4画面動画を公開されているSavanna7さんが「AVIマルチ画面動画編集」というエントリーでその作成方法を書いてくださっているので紹介させて頂きます。

11/2 OAS-B鯖様 Winter Dragon


OAS-B鯖さんの第5戦。Winter Dragon。

使用マシンは以前登場したSUZUKIのパイスクピークマシン。つまり今回は使用トラックの方に特徴がある訳ですね。早速wktkしながらダウンロード、そして試しにコースへ。



!!!!!
434.jpg
正に“冬”で“竜”なトラックですよね(笑。初めてのスキー場で初めてゲレンデに出た時のような爽快感を感じましたw。イマイチ調べ切れませんでしたがこのトラックはおそらく架空のトラック(あたり前かw)で、元々はrFactor用に中国のRacekingって人(人たち?)が作成したアドオントラックで、それのコンバート物ってことでいいっぽい?

このコース、かなり長いです。最初は1周4分以上かかりました。覚えるだけで一苦労です。どこかにコース図でも落ちてないかと探してみたところ、、、



幼児の落書きかと思いましたwww
435.jpg
いやホント、マジでこれ正確なコース図です@@;



そして所々に罠も見受けられる。いちばん怖いのがコレ。
436.jpg
所々樹木の葉がコースに突き出てるんですが、これがエンナのタイヤバリアと同じで鋼鉄製です(笑。当たり所が悪いと少し触れただけで即リタイヤです。最終コーナーでもあるループ橋の頂上付近のOUT側にあるのが特にいやらしい。何度ここで死んだことかorz。



ダークサイドも待ち受けてます。
437.jpg
オニ畜鯖管さまはこれ以上ベイダー化しないよう、ここには立ち入らないでくださいw。



今回は「練習おk」とのお達しが出ていたのでけっこう練習しちゃいました。これは3分40秒くらいまで詰めれた時の動画。所々ラインを外してぶつけてますけどorz。

もうね、3D酔いしちゃいそうなくらいジェットコースターなんですよ。ブランズハッチが可愛く見えますw。スリリングでチャレンジングでデンジャラス、正にOAS-B鯖さんにピッタリのトラックですよね。



さて当日。プラクティスではドラゴン像がある高台に皆で登って遊んだり、
438.jpg



gさんの「コワイデスワー」を「コンバンワー」と読み間違えて返事したりwww。
439.jpg



予選ではナント、ポール取っちまいました@@;
440.jpg
練習しすぎちゃってKYでスイマセンスイマセン。



んでいざ本戦。なんとか無難なスタート。
441.jpg
今回の参戦記はなんとなくことわざのお勉強もかねてます(笑。



オープニングラップは順調に消化。2位以下を4秒くらい引き離した。
442.jpg



「やっべ俺、ポールトゥウィンなんてやっちゃったらKYすぎじゃねwww」



そう慢心した自分がいましたスイマセンスイマセンorz。



『一寸先は闇』orz
443.jpg



『驕る者久しからず』www
444.jpg
『三日天下』どころか数分天下でしたorz。『油断大敵』デスネ。



その後はトップ争いが4つ巴のバトルに突入してムチャ熱かった。bさんnさんオニ畜鯖管さまワタシの4人がほぼ似たようなペースで、時折誰かがコケるものの^^;、みな満遍なくコケてかなり長い間この状態だった。
445.jpg



特に熱かったのがこのコーナー。OUT側の土手がバンクとして使えるんですよね。通常のラインではワタシだと3速ですが、バンクは4速の速度で抜けられます。
446.jpg
ワタシは事前のリサーチ中にここを走ってる動画を見つける事が出来たので知ってたんですが、後方はベテランのbさん。やはり知っていらしたようです。



そしてレース残り3分の2あたりからは3位を単独走行。
ファイナルラップ手前の最終コーナーで・・・



しこたまウォールにぶつけてしまうorz。
447.jpg



これで左フロントがパンクしちゃった。ナンテコッタイ。
448.jpg
正に予選番長ですね。『身から出た錆』といったところですw。



ピットレーン直前だったのでピットインの選択肢もありましたが、残り1周だったのでこのまま行くことに。



ここでナント!、ピットインされていたオニ畜鯖管さまをパスし2位浮上。
449.jpg
オニ畜鯖管さまも何かしら問題を抱えたようですね。『急がば回れ』『転ばぬ先の杖』作戦の模様です。
そこでワタシは『オニの居ぬ間の洗濯』を目指しますw。



オニ畜鯖管さまがピットアウトされた時点では約53秒差。



ところが、半周過ぎたあたりでは約22秒差! 正に『オニに金棒』w。



ゴール直前、ファイナルラップのホームストレートでいよいよ捕まった!!!
450.jpg
ジャンプしながら猛然と襲い掛かるオニ畜鯖管さま。かっこよすぎ!



「ギャー! 美味しいところ持ってかれるー!!!」


そんな、『まな板の上の鯉』状態で負けを確信してたんですが・・・



451.jpg



!!!
452.jpg



前へはじき飛ばしてもらって2位フィニッシュ@@;。
453.jpg



オニ畜鯖管さまは『武士の情け』『敵に塩を送る』といった心境だったのでしょうか・・・。なんとも器の大きいお方でございます。とにもかくにもワタシが今回のレースで最後に学んだ事は、、、



『オニの目にも涙』

『渡る世間にオニはなし』



という教訓でしたとさ^^;

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。