スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/8 JPN-GS鯖様 Zhuhai GP,2004


GS鯖様の第7戦、ズーハイ。プチ耐久ということで、タイヤの磨耗速度が通常の3倍、燃料の消費が通常の5倍、全19周という設定。色んなシチュエーションを体験させてもらって感謝です。

さて、今回はこの設定がどんなものかと事前にシミュレートしてみた。積載できる燃料の上限はどのマシンも同じで100ℓ。主なマシンのズーハイ1周あたりの消費燃料と、満タンで走れる予想周回数はどのくらいかってのが以下。

G2 BMW M3 GTR ・・・ 11.3ℓ/8.8周
G2 Seat Toledo GT ・・・ 11.5ℓ/8.7周
G2 Porsche 911 Biturbo ・・・ 12.9ℓ/7.6周
NGT Porsche GT3-RSR ・・・ 9.8ℓ/10.2周
NGT Ferrari 360 GTC ・・・ 10.0ℓ/10周
G3 Gillet Vertigo Streiff ・・・ 7.8ℓ/12.8周
G3 Lotus Elise ・・・ 11.0ℓ/9.1周
(※走らせ方によって燃費も変わってくると思うので、これはあくまでワタシが全開で走らせた場合。)


1回のピットストップを想定する場合、19周ということは、どちらか片側のスティントは最低でも10周走らなければならないという事になる。そうした場合、M3、セアト、ビツルボはちと厳しい。エンジンを高回転まで回さず低燃費走行をするか、2ピットストップを選択する事になる。RSRやGTCについては、10周+9周、又は9周+10周という組み合わせなら全開走行可能。ついでにG3クラスならノーピットが可能なのか?とデータを取ってみたが、これはちと無理っぽい。(エリーゼって意外やガス食いだったんですね。)

RSRやGTCが1ピットストップで全開走行可能となると、M3、セアト、ビツルボでの低燃費走行や2ピットストップ作戦はちと不利。却下。ここはやはり順当にRSRを選択することにした。第一スティントを9周とし、燃費を気にせずガンガン走り、早めのピットインでピットの混雑を避けるという作戦。

次はタイヤ。以前リサーチした時にミシュラン製が一番寿命が長いと目にしたので、それを採用しているチームを選択。(結局はいつも使ってるチームですがw) ソフトは10周持つか持たないかといったところ。ミディアムは10周以上持つが、19周までは無理。ハードは19周持つか持たないか。

ソフトもハードも、6~7割くらい使い果たした後半はグリップが悪くなりかなりペースが落ちる感じ。なのでギリギリの使い方はやめた。ミディアムでタイヤ交換アリとする。



そしていよいよ当日。運悪い事にこれから予選って時に、仕事の電話が来てしまう・・・。それに対応してPCの前に戻った時には予選残り10分って時間でしたorz。3回アタック出来たんだけど、その3回目で幸い1:35.230が出て予選3位。
219.jpg



そして本戦。作戦としては、前戦で親指プルプル事件があったので、今回はあまり順位とか気にせずマイペースでいくと心に決める(苦笑。また、レースペースの速いM3勢がいたとしたらおそらくそれは2PIT作戦なので無理に追いかけない。スタート直後の1コーナーでは燃料満タンで重たくなってる事も加味していつも以上に慎重に。RSRはケツを振り易いので気をつける。こんなところ。



いざスタート。
220.jpg



1コーナー立ち上がり、1位の方、2位の方それぞれコースアウトしてしまい、ナントいきなり1位に(@@;
221.jpg
ヤベエおらドキドキしてきただ。



オープニングラップはそのまま1位通過。
222.jpg
「落ち着け俺!」と言い聞かせる心とは裏腹に、1位を走った経験が乏しいので指のプルプルが止まらない(笑。



2周目、そんなワタシにM3勢2台が容赦無く襲い掛かる。明らかにワタシよりレースペースは上だった。
223.jpg
ものすごい強烈なプレッシャーで、正に「オラオラどけやゴルァ!」と言われてるような心境(滝汗。



例えるなら猛禽類に襲われてる小動物状態。そのプレッシャーに負け、プチコースアウト。
224.jpg



3位後退。
225.jpg



しかし2位のM3の方が気持ちオーバーランした所をパスし2位浮上。
226.jpg



4周目、再び襲われた際、IN・IN・OUTという苦しいラインになった所を、
227.jpg



鮮やかなクロスラインで抜かれて3位後退。
228.jpg
いやーすごかったなー。



もうドキドキでこんなライン通っちゃってますorz。
229.jpg
ここに鋼鉄バリアが無くてほんとーにヨカッタ(笑。



しかし5周目、M3の方がコースアウトされて2位浮上。
230.jpg
この辺でプレッシャーから開放され、指のプルプルも治まり落ち着きを取り戻す。



5周終了時点でトップのM3の方とは5秒差。あの全開走行ではおそらく2ストップだろうから、タイム差は気にせずマイペースで走ろうと自分に言い聞かす。むしろ脅威なのは後続のRSR勢な訳だけど、そのタイムを追ってるとまた緊張するので考えない事にした(笑。

8周目あたりで1位のM3の方がピットに入り再びワタシがトップに立ったんだけど、それもしばらく気付きませんでした(笑。



9周目終了時点で予定通りピットイン。
231.jpg
後で調べてみたらこの時点で2位のRSRの方とは12秒差。



2位の方は10周目でのピットインを選択した模様。
232.jpg



13位でレース復帰。幸い車のいない所に入れて、アウトラップはレースペースの再構築に専念できました。
233.jpg



10周目周回後のホームストレート。多くのマシンがピットインしているのを横目に通過。順位を示す数字が見る見る減って、
234.jpg



2位浮上。トップはM3の方。その差約14秒。後で調べたら後続の1ピットストップ組では、どうやらタイヤ無交換作戦?の別のRSRの方が先にピットアウト。しかし17秒ほどマージンを築けたみたい。
235.jpg



その後は前も後ろも離れた気ままな1人旅。無理せずミスしない事だけに専念。



14周目周回後のホームストレート。1位のM3の方が2度目のピットインをされたようで、トップに浮上!
236.jpg
2位のRSRの方とは16秒差。オチツケ俺、オチツケ俺(笑。



その後の5周、マージンを使いながら何とか大きなミスをせずに走り、トップでチェッカー。
237.jpg
初心者鯖なので結果よりは内容こそ重要。しかしすべて作戦通りでこの結果は素直に嬉しかった。鯖とバトルして下さった皆様に感謝です。THXでした!



(おまけ)
238.jpg
歓喜のドーナツターンをした直後にガス欠になりました(笑。

スポンサーサイト
1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。