スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Two Nations Endurance Champions


≪F1情勢≫

・破竹の勢いで躍進してきたブラウンGPがここの所失速。
・前半マシンにアドバンテージがあったトヨタも最近は中位に埋もれてる。
・レッドブルは逆に勢いを増して、猛追。
・前戦、フェラーリとマクラーレンが久しぶりに表彰台。戦えるマシンになったのか?
・フェラーリのマッサが負傷、入院。代役にシューマッハ起用を発表。

すこし前まではブラウンGPのワンサイドゲームだったけど、前半の貯金も危うい状況になってきた。ちょっと面白くなってきたな。



≪第35シーズン、Two Nations Endurance Champions≫

イモラを65周走る耐久レース。1周俺だと約1分52秒。65で掛けるとほぼ2時間。33周分の燃料を積み、1ピットストップでいくことに。

今までTwo Nationsはビツルボを使ってたんだけど、今回は速いと評判のPorsche GT3-RSRを使ってみた。両方ともポルシェなんだけど、RSRの方がよりポルシェらしい感じ。高速コーナーへの進入で、鼻先が軽快にインに入っていく。低速コーナーの立ち上がりではリアに強烈なトラクションがかかる。アクセルのON・OFFで自在にラインを変えられる。今まではアンダー気味なマシンの安定感が好きだったけど、これはこれで楽しいと思った。

結果は、最初の数周でトップに立ち、ピットストップで4位に後退したものの、その後すべての上位勢がピットストップを終えた時点では2位に20秒差をつけて再びトップに。最後は2位のフェラーリの猛追を食らい、ギリギリ押さえて1位ゲット。

・・・例によって3日かけましたが(苦笑。

◆選択可能車種◆
Porsche GT3-RS
Porsche GT3-RSR
Porsche 911 Biturbo
Ferrari 360 Modena
Ferrari 360 GTC

◆結果◆
予選:2位
決勝:1位

スポンサーサイト

Formula S7R Champions Cup


≪第34シーズン、Formula S7R Champions Cup≫

久しぶりのワンメイク。今まで雨のレースは1シーズンに1回あるかないかだったのに、今シーズンは2回もあったorz。AIは雨だろうが何だろうがほとんどミスしない。なので雨レースでは全然勝てる気がしない。よっていつも通りスルー(苦笑。総合1位は無理だと覚悟したが、AIのポイントが散らばり、ギリでトロフィーゲット。

◆選択可能車種◆
Saleen S7-R

◆結果◆
第1戦マニクール    :予選1位、決勝1位
第2戦オッシャー(夜)  :予選4位、決勝2位
第3戦ホッケンハイム(雨):スルー
第4戦バレンシア    :予選1位、決勝1位
第5戦ブルノ(雨)    :スルー
第6戦ドニントン    :予選2位、決勝1位
総合:1位

Velocity GT 2004 Champions Trophy 他


≪第32シーズン、Velocity GT 2004 Champions Trophy≫

カスタムチャンピオンシップってのは、スライドバーでAIの強さを調整出来るようになってる。例えば第1シーズンだと、85%~120%の間で調整出来る。ただデフォルトだとすべて100%に設定されてたので、前シーズンまでずっと100%設定でやってきた。
131.jpg
だがしかし、この第32シーズンからは調整範囲が103%~120%となった。つまり最低でも103%の強度のAIと戦わなければならないorz。

◆選択可能車種◆
Maserati MC12
Ferrari 550 Maranello
Ferrari 575 GTC
Saleen S7-R
Lamborghini Murcielago R-GT
Lister Storm

◆結果◆
第1戦ブルノ       :予選2位、決勝1位
第2戦スパ        :予選1位、決勝1位
第3戦バレンシア     :予選1位、決勝1位
第4戦ホッケンハイム(雨):スルー
第5戦マニクール     :予選1位、決勝1位
総合:1位

AIのプレッシャーがきつくなったものの、マラネロの優位性に助けられ?何とか優勝。



≪第33シーズン、European 360 Champions Cup≫

いよいよ最高難易度らしくなってきた。予選ではコンマ5秒くらいの間に十数台がひしめきあうような状態。ほんのちょっとのタイム差で上位に付けたり下位に沈んだりする。

◆選択可能車種◆
Ferrari 360 Modena
Ferrari 360 GTC

◆結果◆
第1戦オッシャー   :予選2位、決勝1位
第2戦アンダーストープ:予選14位、決勝2位
第3戦ドバイ     :予選2位、決勝1位
第4戦ズーハイ    :予選11位、決勝1位
第5戦モンツァ(雨) :スルー
第6戦エストリル   :予選2位、決勝1位
第7戦ドニントン   :予選1位、決勝1位
総合:1位

何とか総合1位。いまんとこ33シーズン中31シーズンでトロフィーゲット。こうなってくるとクリア優先で取りこぼした2つのトロフィーも取り直したくなってくるな。

Two Nations Masters Challenge 他


≪第30シーズン、Two Nations Masters Challenge≫

◆選択可能車種◆
Porsche GT3-RS
Porsche GT3-RSR
Porsche 911 Biturbo
Ferrari 360 Modena
Ferrari 360 GTC

◆結果◆
第1戦ホッケンハイム:予選1位、決勝1位
第2戦ドバイ    :予選1位、決勝1位
第3戦エストリル  :予選3位、決勝1位
第4戦バレンシア  :予選1位、決勝1位
第5戦ズーハイ   :スルー
第6戦ブルノ    :スルー
総合:1位



ここまでやっとこ40シーズン中30シーズンを消化。残すところ10シーズン。ここから難易度もいよいよ5段階中の5段階、最高難易度の“Champion”クラスとなる。その初戦は、様々なマシンが登場する中セアトしか選択できないというマゾレースorz。チョロQ挙動のセアトは苦手なんだよなあ。

≪第31シーズン、Toledo Sundown Special≫

◆選択可能車種◆
Seat Toledo GT

◆AIが選択する車種
TVR T400R
Mosler MT900R
Morgan Aero 8
Viper Competition Coupe
Porsche 911 Biturbo
Seat Toledo GT
BMW Z3 M
Nissan 350Z

◆結果◆
予選:1位
第1戦エンナ  :1位
第2戦オッシャー:1位
第3戦イモラ  :1位
第4戦ドバイ  :1位
第5戦バレンシア:1位
第6戦ドニントン:スルー
総合:1位

AIのプレッシャーがきつくなってきたものの、まだ何とかなるみたい。まあ予選も初戦しかなかったしな。学習したこと、セアトの直線スピードはビツルボに肉薄してる。

Endurance GT Masters Trophy


≪第29シーズン、Endurance GT Masters Trophy≫

◆選択可能車種◆
Saleen S7-R
Lamborghini Murcielago R-GT
Chevrolet Corvette C5-R
Lister Storm

またまた耐久レース。今回は120分、又は60周のどちらか早い方がゴールとなる。1周1分50秒ちょいなので、約1時間50分といったところか。しかし現状、2時間近くも遊びに費やす時間はナッシング。1時間すら厳しいんだな・・・。

そんな訳で、反則技、“途中セーブ”を駆使し、予選1日、決勝3日かけてクリアしましたスイマセンスイマセン。

◆結果◆
予選:3位
決勝バレンシア:1位

1行メッセージ
プロフィール

Leonardo

Author:Leonardo
2009年1月からレースシムを始め、2009年8月からオンラインレースに参戦し右往左往してる人のぶろぐ
詳細プロフはこちら
リンクフリー

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Link Site
(※注) 24時間以内に更新があったサイトにはUPマークが付きますが、中には更新情報を拾えないケースもありますのでご注意くださいませ
最新記事
検索フォーム
全タイトル表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。